人生にゲームをプラスするメディア

小倉百人一首文化財団、時雨殿の設計構想を明らかに

任天堂相談役の山内溥氏が理事長を務める小倉百人一首文化財団の小倉百人一首プロジェクトは、記念殿堂時雨殿の設備構想を発表しました。内部施設は任天堂が手掛けて、世界的なソフト力や映像・音声技術による「デジタル百人一首」の世界を実現します。

ゲームビジネス その他
任天堂相談役の山内溥氏が理事長を務める小倉百人一首文化財団の小倉百人一首プロジェクトは、記念殿堂時雨殿の設備構想を発表しました。内部施設は任天堂が手掛けて、世界的なソフト力や映像・音声技術による「デジタル百人一首」の世界を実現します。

小倉百人一首プロジェクトは京都商工会議所の120周年記念事業として進められているもので、時雨殿は昨秋に保津川沿いに着工し、今年10月にオープン予定の鉄筋コンクリート2階建ての建物になります。建設費の8億円は山内氏が負担しました。

1階の展示室350平方メートルの中心には45インチの大型液晶70台を縦横70メートルにわたって敷き詰めて、CGを駆使した京都市中心部の現在と平安時代の様子が映し出されて、京都の空を歩くような感覚が楽しめるそうです。

入場者には専用端末が貸し出され、無線通信で画面上で歌人ゆかりの地の表示します。画像による歌人とかるたとりの対戦やクイズなどができるゲーム台も設置されるとのこと。任天堂の宮本茂情報開発本部長は「これまでに経験したことがない百人一首の世界を作り出したい」と話しています。

何だか面白そうではある。専用端末はDSをベースにしたものなのだろうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  2. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

    【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  3. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  6. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  7. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  8. スマホビジネスのスペシャリスト達によるマーケティングスタジオ「ONNE」が設立―メンバーには『逆転オセロニア』の佐藤基氏などが名を連ねる

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る