人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSのネットワークはGameSpyの技術を利用?

任天堂オブアメリカの公式雑誌「Nintendo Power」の最新号によれば、ニンテンドーDSのネットワークはGameSpyの技術を利用するようです。記事には「GameSpyは、E3前のいずれかの時期に公式デベロッパーに開発機材(SDK)を配布する」という記述があります。

任天堂 DS
任天堂オブアメリカの公式雑誌「Nintendo Power」の最新号によれば、ニンテンドーDSのネットワークはGameSpyの技術を利用するようです。記事には「GameSpyは、E3前のいずれかの時期に公式デベロッパーに開発機材(SDK)を配布する」という記述があります。

GameSpy Technologyは様々なオンラインゲームにネットワーク技術を提供している会社で、家庭用機やPCゲームで多数同社の技術が利用されています。同社は2年ほど前に任天堂と共に仕事をしていることを認めています。「GameSpy.net」では、SSIDやWEPキーが不要されていて、岩田氏の基調講演での話しとも一致します。

ニンテンドーDSのネットワーク対応タイトルとしては『どうぶつの森DS』の開発が明らかになっています。任天堂は5月のE3で更に詳細について明らかにするとしていますので、期待して待ちたいと思います。開発機材がE3前ということは、他にもネットワーク対応タイトルが見られるかもしれませんね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

アクセスランキングをもっと見る