人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカとマイクロソフトの場外乱闘

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカとマイクロソフトが共にレドモンドに本社を置く隣人だと言うのは知られている話ですが、両社はゲーム市場だけでなく、敷地スペースの拡張合戦でレドモンド市の開発計画を巡って場外乱闘を繰り広げました。

マイクロソフトは市内のキャンパスを拡張する計画を、任天堂は本社の道を挟んだ向こうの敷地に本社を拡張する計画を持っています。同市の開発計画で整備されるのは260万平方メートル、それに対してマイクロソフトは220万平方メートルを、任天堂は55万平方メートルの土地を求めていました。

しかし、この場外乱闘はゲーム市場での競争とは違って友好的に終了したようです。マイクロソフトのジム・スタントン氏は任天堂との交渉が「とても大規模」で「友好的」なものであったと話しました。この後、マイクロソフトは開発計画を25万1000平方メートルを譲歩しました。

ほぼ決着した開発計画では任天堂が55万平方メートル、マイクロソフトが195万平方メートル、その他の企業が10万平方メートルを利用することになります。ただ、任天堂のBeth Llewelyn氏は直ぐには本社を拡張する計画はないと話していて、将来の可能性を残す為の交渉だったようです。

任天堂オブアメリカは1982年からレドモンドに本社を置いていて、現在は756人の従業員がいます。これに加えて、NSTやNES Marchandisingなどの関連会社、そしてデジペン工科大学のキャンパスなどがあります。リンク先には現在保有している土地の示された地図があります(白の部分、黒は拡張予定の部分)。

記事とは直接関係ありませんが、この新聞のサイトは登録するだけで過去ログが読めていいですね。80年代からの任天堂の記事が結構ありそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. 今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

    今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. ゲーム作りってどうやるの? 未来のゲームクリエイターの卵たちが集まった「みらいクリエイターズプロジェクト」

  5. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  6. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  8. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. 任天堂、モノリスソフトをバンダイナムコから買収

アクセスランキングをもっと見る