人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート アーケードグランプリ』のロケテストが実施される

ゲームビジネス その他

横浜ワールドポーターズDraem Fiestaにて3月12日と13日の両日に『マリオカート アーケードグランプリ』のロケテストが実施されたそうです。発売前に実際の店舗に設置して反応を探るものですが、2月のAOUに出展されたバージョンより開発度は上だったようです。

今回は、ゲームの結果を記録する為のカード作成もできるようになっていて、このカードは100円で作成できました。今回のカードは実稼動時には利用できませんが、一部のデータは引継ぎが可能で、特別アイテムも貰えるそうです。1プレイは200円で、コンティニューは100円です。

1人用モードには「グランプリモード」と「タイムアタック」があります。「グランプリモード」は6つのレースでカップを目指すもので、マリオカップ、DKカップ、ワリオカップ、バックマンカップ、クッパカップ、レインボーカップです。今回はマリオカップ(やさしい)、DKカップ(中級)、クッパカップ(超上級)の3種類が遊べたそうです。

カップを制するとミニゲームで遊ぶことができ、マリオカップでは巨大スイカを30秒以内にゴールまで届けるというものです。使用可能キャラなどはAOUのものと変わらなかったようです。

『マリオカート アーケードグランプリ』は今年秋に登場する予定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  6. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  7. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  8. エンタテイメント業界の重鎮が語る多様化の時代に求められるコンテンツ像とは? (3)

  9. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る

1