人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート アーケードグランプリ』のロケテストが実施される

ゲームビジネス その他

横浜ワールドポーターズDraem Fiestaにて3月12日と13日の両日に『マリオカート アーケードグランプリ』のロケテストが実施されたそうです。発売前に実際の店舗に設置して反応を探るものですが、2月のAOUに出展されたバージョンより開発度は上だったようです。

今回は、ゲームの結果を記録する為のカード作成もできるようになっていて、このカードは100円で作成できました。今回のカードは実稼動時には利用できませんが、一部のデータは引継ぎが可能で、特別アイテムも貰えるそうです。1プレイは200円で、コンティニューは100円です。

1人用モードには「グランプリモード」と「タイムアタック」があります。「グランプリモード」は6つのレースでカップを目指すもので、マリオカップ、DKカップ、ワリオカップ、バックマンカップ、クッパカップ、レインボーカップです。今回はマリオカップ(やさしい)、DKカップ(中級)、クッパカップ(超上級)の3種類が遊べたそうです。

カップを制するとミニゲームで遊ぶことができ、マリオカップでは巨大スイカを30秒以内にゴールまで届けるというものです。使用可能キャラなどはAOUのものと変わらなかったようです。

『マリオカート アーケードグランプリ』は今年秋に登場する予定です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2014】開発会社どうしがガチンコトーク。バイキングとジェムドロップが考える「理想の協業関係」とは?

    【CEDEC 2014】開発会社どうしがガチンコトーク。バイキングとジェムドロップが考える「理想の協業関係」とは?

  2. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

    ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

アクセスランキングをもっと見る