人生にゲームをプラスするメディア

『エレクトロプランクトン』プロモーションサイトがオープン

任天堂 DS

任天堂は、メディアアーティストの岩井俊雄氏と共に開発しているニンテンドーDS向け『エレクトロプランクトン』のプロモーションサイト(http://electroplankton.com/)をオープンしました。発売日は4月7日で価格は4800円、ジャンルはメディアアートとなっています。

『エレクトロプランクトン』は10種類のプランクトンと様々な音や光と戯れることができるソフトです。簡単に説明するのは困難なので、サイトにあるムービーでご確認ください。「My First Touch!」のように各プランクトンを初めて体験したユーザーの表情を捉えたムービーも掲載されています。

岩井俊雄氏へのインタビューも掲載されています。作品のきっかけは、昨年初めに岩田社長と宮本氏に誘われてDSの企画書を見せられ「ぜひこれは岩井さんに何か作ってほしいものなんだ」と言われたことだそうです。実機を見たのは5月で、作り始めて当初はプロモーションかイベント用に考えていたものを、実際に売る製品として作ることになったのは秋ごろだったようです。

岩井氏はこれまで数々のメディアアートを手掛けてきましたが今回の作品は「僕のアーティストとしての20年近くの蓄積が初めて濃縮された形で今回の『エレクトロプランクトン』になった、という感じです」と話しています。

『エレクトロプランクトン』は岩井氏も「ユーザーがどう遊ぶかが大事になる」というように一般的なゲームとは少し毛色の違った作品のようです。果たしてどのような感覚が得られるのか、早く体験してみたいですね。発売は4月7日です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  10. 【特集】「カービィはどうして戦うの?」という素朴な疑問を調べてみた ─ プププランドは○回危機に陥り、実はカービィが○○○○○系主人公であると発覚!?

アクセスランキングをもっと見る