人生にゲームをプラスするメディア

DSで「音と光に触る遊びのソフト」開発中?

ほぼ日刊イトイ新聞で連載されている『大合奏バンドブラザーズ』のコーナーに岩田聡社長のコメントが掲載されています。このタイトル、組織改変で企画開発本部が作られた頃に再開されたようですが、インタビューを見ると岩田氏が自らここを指揮しているのでしょうか。

任天堂 DS
ほぼ日刊イトイ新聞で連載されている『大合奏バンドブラザーズ』のコーナーに岩田聡社長のコメントが掲載されています。このタイトル、組織改変で企画開発本部が作られた頃に再開されたようですが、インタビューを見ると岩田氏が自らここを指揮しているのでしょうか。

岩田氏のコメントは『大合奏バンドブラザーズ』についてのもので、本体と同時発売が無理だったらプロジェクトを解散する、タッチパネルや2画面にこだわり過ぎない、などの開発の目標や、岩田氏が考えるニンテンドーDSやゲームの今後についても語られています。

その最後に少々気になる一節があります。

電子辞書を使った遊びを実現するソフトや、脳の働きを活性化する効果のあるソフト、音と光に触る遊びのソフトなど、年齢や性別、ゲーム経験の有無を問わず、幅広い層のみなさんにDSを楽しんでいただけて、同時にちょっぴり役に立つ、「ビデオゲームの定義を広げる」ための新しいソフトの提案を、nintendogs発売後も次々と準備していますので、どうぞ、お楽しみに。

とのことです。既に電子辞書を使った遊び、というのはインタビューでありましたが、「脳の働きを活性化する」や「音と光に触る遊び」は初耳です。文脈からするとDS向けになりそうですが、どのようなゲームになるのでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  2. 『あつまれ どうぶつの森』ゆめみの「おまかせ」で人の日常生活を覗き見! 『鬼滅』の流行が島にも来ている!?

    『あつまれ どうぶつの森』ゆめみの「おまかせ」で人の日常生活を覗き見! 『鬼滅』の流行が島にも来ている!?

  3. 『あつまれ どうぶつの森』公式の「Ninten島」は“あえて地味に見せかける技術”がすごい! 夢を使って訪問してみよう

    『あつまれ どうぶつの森』公式の「Ninten島」は“あえて地味に見せかける技術”がすごい! 夢を使って訪問してみよう

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』バトルで無双するための10のコツ! ビタロックとロッドが強いぞ

  6. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  7. もっと『あつまれ どうぶつの森』を楽しむために無視していい10の要素! やりたくないルーチンはしなくてOK

  8. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【11月24日】─「リングフィット アドベンチャー セット」の抽選販売が実施中

  9. 『あつまれ どうぶつの森』序盤の小ネタ14選! スローライフのなかにもたくさんの隠し要素あり

  10. 『あつまれ どうぶつの森』イラストレーター「カナヘイ」さんの島が真似したくなるテクニック満載ですごい!夢のおかげで誰でも行けるぞ

アクセスランキングをもっと見る