人生にゲームをプラスするメディア

「ロンチタイトルは単なる始まりに過ぎない...」欧州任天堂

任天堂オブヨーロッパがリリースした「NINTENDO DS GEARS UP TO TAKE 2005 BY STORM: LAUNCH TITLES ARE JUST THE BEGINNING...(ニンテンドーDSは2005年を嵐のように疾走する: ロンチタイトルは単なる始まりに過ぎない...)」の全文訳です。開発がかなり進んでいるようだった『マリオカートDS』に加えて、『アドバンスウォーズDS』も早いうちに発売されますかね。

任天堂 DS
任天堂オブヨーロッパがリリースした「NINTENDO DS GEARS UP TO TAKE 2005 BY STORM: LAUNCH TITLES ARE JUST THE BEGINNING...(ニンテンドーDSは2005年を嵐のように疾走する: ロンチタイトルは単なる始まりに過ぎない...)」の全文訳です。開発がかなり進んでいるようだった『マリオカートDS』に加えて、『アドバンスウォーズDS』も早いうちに発売されますかね。

「NINTENDO DS GEARS UP TO TAKE 2005 BY STORM: LAUNCH TITLES ARE JUST THE BEGINNING...」

世界で最も有名なイタリアの配管工がメダルを獲得する為にペダルを再び踏みます。『マリオカートDS』は楽しくて熱中性のあり、今までシリーズを成功に導いてきた要素が、豪華なグラフィック、複雑なトラック、そしてとても中毒性の高いワイヤレス対戦でより一層満足させます。これは見逃せないゲームです。

ビデオゲームで最も愛らしい緑のキャラクターがベイビーマリオを助けガイドする為に帰ってきました。『キャッチ!タッチ!ヨッシー!(Yoshi's Touch and Go)』でプレイヤーはタッチスクリーンに雲を描いて敵から彼を守ります。ゲームは更にワイヤレス通信での2人対戦に対応しています。

可愛らしくて抱き締めたくなるもののファンは任天堂ファミリーの最も新しい家族がバーチャルペットだということに喜ぶでしょう。革新的な『Nintendogs』はあなたの携帯機で自分だけのバーチャルペットを飼うことができます。スタイラスやマイクを使うことでプレイヤーは犬に芸を仕込むことで、ワイヤレス通信で友達を驚かすことができます。

頭を使ったミステリーが目的なら、それはアナタの為のゲームです。『アナザーコード 2つの記憶』は難しいパズルと作り込まれた環境を探索するニンテンドーDS最初のアドベンチャーゲームです。システムのタッチスクリーンと音声認識機能の両方を使ってプレイヤーは謎を解きます。

『大合奏!バンドブラザーズ(Jam With The Band)』は発売されればアナタを虜にするでしょう。画面の合図に合わせて音楽を演奏しましょう、タイミングが成功の鍵です。Playing is good, but sharing is even better(演奏は良い、合奏はもっと良い―Touching is goodのパロ)。ワイヤレス通信を使うことで無限のプレイヤーと共に合奏を楽しめます。また、1つのゲームカードで8人で演奏可能です。

戦争の絵画は複雑な問題で常に、現代でも議論の的です。『アドバンスウォーズDS(仮)』はアナタの手のひらで大軍を指揮することを可能にします。プレイヤーは陸軍と空軍の両方を勝利に導く為にDSのユニークな機能を利用します。ワイヤレス通信を用いることで、誰かが勝ち抜くまで戦争を続けることができます。

レーシングゲームのファンは最も人気のあるレースゲームの1つがDSに登場することに喜ぶでしょう。EAの『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド 2』は路上で繰り広げられるドラッグレースに参加するようにアナタを誘います。プレイヤーはレースに勝つ事で資金を得て、新しいマシンを購入し、今あるマシンを改造します。ワイヤレス通信でのマルチプレイヤーはもはや望む(Need)必要はありません、今それは標準にありました。

世界的に有名なベルモント家はコナミのドラキュラゲーム最新作でタッチスクリーンに帰ってきます。『キャッスルヴァニアDS(仮称)』はタイトルに新鮮で新しい次元を追加する為に利用されます。「Aria of Sorrow」のスタッフによって開発される最新作は驚くほどのグラフィック、空想的なエフェクト、心を動かす音楽、ワイヤレスの交換システムを特徴とします。

アタリは以上のタイトル郡でも満たされないかのように、懐かしいゲームを集めました。『アタリクラシックス』は『ポン』や『ミサイルコマンド』などを含む10のクラシックタイトルを収録します。全てのゲームはニンテンドーDSの革新的なワイヤレス通信、2画面といった機能を活用します。

これら全ての素晴らしいタイトルは今年ニンテンドーDSで楽しめるゲームの一部でしかありません。現在120タイトル以上が開発中で、例えアナタがどんな種類のゲームを好んだとしても、ニンテンドーDSはその全てを2005年に体験することができる唯一のハードです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも公開

    「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも公開

  2. スイッチ『ファミリーコンピュータ コントローラー』の予約受付がスタート!ストアページも同時公開

    スイッチ『ファミリーコンピュータ コントローラー』の予約受付がスタート!ストアページも同時公開

  3. 『スプラトゥーン2』新ステージ「ムツゴ楼」10月初旬に追加─このパワースポットに訪れると“ナワバリバトル”に勝てる!?

    『スプラトゥーン2』新ステージ「ムツゴ楼」10月初旬に追加─このパワースポットに訪れると“ナワバリバトル”に勝てる!?

  4. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  5. 「Nintendo Switch Online」の加入方法やファミリープランを利用するためには? 気になるQ&Aを公開

  6. アクワイア新作タイトル『SCRAP RUSH!!』のゲーム内容が公開!ライバルを“潰して”勝利を目指すクレイジーな対戦ACT

  7. 3DS『牧場物語』シリーズをお得に購入できる「秋の収穫祭セール」が開催!ほのぼの牧場生活を始めてみませんか?

  8. 『ポケモン』3DSの「テーマ」に「ラプラスに乗って」「ボスごっこピカチュウ」が新たに登場!

  9. 『スプラトゥーン2』ガンガゼ野外音楽堂はどう変化した!?工事の前後を比較しつつチェック

  10. 「Nintendo Switch Online」サービス開始時に遊べるファミコンゲームを全公開! 今後『ソロモンの鍵』『メトロイド』『忍者龍剣伝』など追加

アクセスランキングをもっと見る