人生にゲームをプラスするメディア

DS『キャッスルヴァニア』インプレッション、ショット&ムービー

任天堂 DS

IGNにてコナミのゲーマーズデイで体験できたニンテンドーDS『キャッスルヴァニア』のインプレッションが掲載されていますので紹介します。新しく公開されたスクリーンショットムービーなども確認することができます。

「Hands on with the first dual-screen version of Konami's vampire series.」
by Craig Harris

ニンテンドーDSのタッチスクリーンはプレイヤーに指やスタイラスを使って硬くないブロックを壊す能力を与えます。この初期のデモでは上の柵に登る為にレンガを壊さなくてはならない部屋がありました。これがゲームを通じて使われるのは非常に明白です。もう1つ五十嵐が私達に見せる(そして私達が試す)ことが出来た使い方は「マジック・シール」システムでした。弱ったボスを倒すために指もしくはスタイラスを用いて、集めたマジックソウルのシンボルを描きます。シンボルを正しく描けばボスは倒れ、間違えてしまえばボスの体力は回復し再び戦わなくてはなりません。

DSバージョンが以前のGBAバージョンと同じグラフィックスタイルを取ることは少し失望させます、しかしながらゲームは多少の3Dアプローチを持っています、動く物を見てグラフィックを判断する必要があります。確かにGBAのゲームに非常によく似ているように見えます、しかし単に1画面の携帯ゲーム機では実現できなかったより多くの物があります。敵はより大きく、それが動く時や倒した時には強いエフェクトがあります。背景はDSで遥かに書き込まれています。また、音楽は初期のデモでさえ、素晴らしい物を約束しています。

キャッスルヴァニアのデモは最初のボス戦までの、わずか10分でクリアできる程度の内容でした。しかし携帯ゲーム機でキャッスルヴァニアが向かう方向性を見るには十分でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

    【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

  2. 【特集】『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ ─ 関連作品は30種近くになるほどのビッグタイトルに

    【特集】『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ ─ 関連作品は30種近くになるほどのビッグタイトルに

  3. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

    【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  5. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  6. 一釣りいこうぜ!『モンハン ダブルクロス』コラボバスルアー発売決定―バルファルクやリオレウスなど3種

  7. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  8. 3DS向けVC『ポケットモンスター 金・銀』は、ポケモンの通信交換や対戦機能も搭載

  9. 『project OCTOPATH TRAVELER』現時点の情報まとめ─戦闘のカギを握る「BP」って何? フィールドコマンド「誘惑」「試合」の効果は?

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る