人生にゲームをプラスするメディア

次世代機のゲームはもっと高くなる?―EA首脳(訂正)

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツの最高経営責任者Larry Probst氏と最高財務責任者Warren Jenson氏は第3四半期の業績を発表するアナリスト向け会見で、今年もゲームソフトの価格下落傾向は続くが次世代ゲーム機になれば価格は上昇することになるだろう、と述べました。

「次世代機の一部のゲームにより高い価格を付けることになっても私は全く驚かない。少なくとも初期はそうなるだろう」とLarry Probst氏は述べました。次世代機では開発コストが更に上昇することは確実視されていて、それは価格にも反映されることになりそうです。

また、同氏は次世代機のシェア争いについて、「ソニーとマイクロソフトのシェアの差は今よりも小さくなるだろう」としました。任天堂の新型ゲーム機「レボリューション」については言及されませんでした。

EAが25日に発表した第3四半期業績は売上高が前年同期に比べて3.2%減少の14億2800万ドル、純利益も同4.2%減少の3億7500万ドルでした。2005年3月期決算は売上高が32億7600万ドル〜33億2500万ドルとなる見通しです。

(※「ソニーとマイクロソフトのシェアは今よりも」のくだりは「シェアの差は」の間違いでした)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

    マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  4. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

アクセスランキングをもっと見る