人生にゲームをプラスするメディア

テイク2がMLB選手会と7年契約を締結

ゲームビジネス その他

THE WALL STREET JOURNALはテイク・ツー・インタラクティブがMLB選手会との間で今後7年間の肖像権などの使用契約を間もなく締結すると伝えました。今後はMLBとの間でも球場やチーム名の使用権に関して交渉を続けていくとのことです。

契約は今週にも発表される見込みで、今後7年間で8000万〜9000万ドルを支払います。選手会に近い筋によれば、今後テイク・ツーが予定する1億5000万ドル近い野球ゲームへの投資を評価したものだそうです。この契約ではフラットフォーマーである任天堂、ソニー、マイクロソフトを除くサードパーティではテイク・ツー以外がこれらを使用することが不可能となります。

テイク・ツーはESPNブランドで昨年発売したスポーツゲームが高い評価を受け、この分野をより強化する計画でしたが、ライバルのEAがNFLとの独占契約を結んだのに続いて、ESPNとも独占契約を結んだことで、先行き不安となっていました。今回の契約はテイク・ツーの最初の反攻と言えるでしょう。

これに関してEAのスポークスマンのJeff Brown氏「これが締結されたとしても、単にEAを排除するだけで、他のパブリッシャーは野球ゲームを作ることができる。これは高価な契約だ」としました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

    ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. スクウェア・エニックス吉岡直人氏にゲーム業界をめぐる問題意識を聞く

  5. 【ほらてくっ!】まだ間に合う!株式会社“闇”社員が語る、極上のお化け屋敷紹介

  6. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  7. 『Portal』世界が舞台のVRデモ『The Lab』無料配信決定

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 『Project Awakening』発売日や開発チームは?現時点の情報まとめ

  10. 【ほらてくっ!】ホラー×テクノロジーで世界を変えていく株式会社“闇”社長とのゆるゆるな対談、はじまります

アクセスランキングをもっと見る