人生にゲームをプラスするメディア

「低迷の兆しなし」2004年米国ゲームハード&ソフト売上

ゲームビジネス その他

米国の大手調査機関NPD Groupは2004年の米国ゲームハード、ソフトウェア売上を発表しました。2004年の市場規模は約99億ドルで、2003年の100億ドルに比較して約1%の低下となりましたが、販売数量では4%の増加が見られました。

販売は主に家庭用機ソフト、携帯向けソフト、ハード、のカテゴリで好調で、それぞれ金額で見ると7%、11%、10%の増加、数量で見ると8%、13%、9%の増加でした。携帯向けソフトは初めて10億ドルを突破しました。全体のソフト売上は62億ドルで前年の58億ドルを大きく上回りこれも過去最高となりました。

ハードウェアは年末商戦で品切れが目立ったことから、2003年に比べて金額で27%、数量で16%の減少となりました。ただしニンテンドーDSが発売されたこともあって、携帯ゲーム機だけは2003年の7億5100万ドルから10%増加し8億2800万ドルとなりました。

「この年の良好なセールスは長い歴史があるこれまでの余暇の過ごし方にビデオゲームが取って代わったことを明確に示すものです。今まで最も素晴らしいゲームの数々、ハード価格の低下、新ハードの登場、これら全てがゲーム業界にとって2004年を輝ける年にしました」とNPDのAnita Frazierアナリストは述べています。

「2004年のセールスはハードが交代期に差し掛かっている時期だけに特に印象的です。更に前を見れば、ゲーム業界は全く低迷する兆しを見せていません。他のどんなエンターテイメントもゲーム業界の達成したような10年以上も継続する成長を経験したことがありません。技術、創造性の向上など全てのサインは私達が今後数年で更なる成長と売上記録を達成するだろうことを指し示しています」と業界団体のESAのDouglas Lowenstein代表はコメントしています。

2004年の米国売上ランキング(販売数量)

1. グランド・セフト・オート サン・アンドレアス(PS2/テイク2)
2. ヘイロー2(Xbox/マイクロソフト)
3. マッデンNFL2005(PS2/EA)
4. ESPN NFL 2005(PS2/テイク2)
5. ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2(PS2/EA)
6. ポケモン ファイアレッド(GBA/任天堂)
7. NBAライブ2005(PS2/EA)
8. スパイダーマン2(PS2/アクティビジョン)
9. ヘイロー(Xbox/マイクロソフト)
10. ESPN NFL 2005(Xbox/テイク2)

このランキングを見るとESPNを獲得しにいったEAの危機感も分かる気がしますね。任天堂以外は全て米国のメーカーですね。日本のメーカーもがんばれ。それはそうとゲームキューブはいずこへ・・・。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

    【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

  2. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

    「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  3. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

    【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  4. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  5. ヒューマンアカデミーにて「【CGWORLDゼミ】A-1 Pictures」が実施―「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」などを題材に裏話など盛り沢山

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  8. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  9. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  10. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

アクセスランキングをもっと見る