人生にゲームをプラスするメディア

ZoonamiとRavenbrookの関係

ゲームビジネス その他

ある従業員がA社を辞めてB社で働き始める、というのはよくある話です。しかし、その従業員が数年後にB社を辞めてA社に戻っているとしたら話しは少し怪しくなります。更にA社とB社が同じビルにあるとすれば何らかの関連性を疑いたくなるでしょう。更に、公式サイトの記述が良く似ているとあっては、業務内容は多少異なれど特別な関係を持った会社ではないかと思わざるを得ません。

英国のゲーム開発会社ZoonamiのファンサイトZootopia HQは、ZoonamiとRavenbrookというソフトウェアエンジニアリングの会社が特別の関係にあるのではないかという記事を掲載しました。

Ravenbrookは1997年に英国に設立された会社です。会社には6人の従業員が在籍していて、創業者のNick BarnesとRichard Brooksby、元ZoonamiのDavid Jones、Nick Levineなどです。全てケンブリッジ大学を卒業したソフトウェア産業のベテランです。

ZoonamiとRavenbrookの怪しげな点は幾つも指摘できます。Gareth Reesは2002年3月にZoonamiに入る前はRavenbrookで働いていました。David Jonesは元Zoonamiで今はRavenbrookに働いています。更に2つの会社は10の会社が入った同じビルに位置しています。

公式サイトも似通っています。幾つかの言葉は共通していました(Zoonamiのサイトがリニューアルする以前は)。2つの会社のサイトはRavenbrookの取締役のNick Barnes氏の運営するインターネットプロバイダーに接続しています。

Zootopia HQはNick Barnes氏へのインタビューを試みています。Barnes氏の公式の答えは「RavenbrookとZoonamiは公式な関係を持っていない。しかし彼らは友好関係を保っている」というものでした。このことがZoonamiの開発中のプロジェクトに何らかの関係を及ぼすのでしょうか? しかしBarnes氏は「Zoonamiは秘密を保持したいと考えている。詳しいことを話すわけにはいかない」としました。

ZoonamiとRavenbrookの関係は良く分からないままですが、仲の良い2つの会社があるという事実だけは残ります。Zoonamiは元レアで『ゴールデンアイ』などの指揮を執ったマーティン・ホリス氏らが中心になって設立された会社で『Funkydilla』という音楽ゲームと、任天堂向けの謎の新作を開発しているとされています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

    【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  4. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  5. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  6. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  7. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  8. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. いまだホットなゲーム業界の転職事情・・・リクルートキャリアに聞く(前編)

アクセスランキングをもっと見る