人生にゲームをプラスするメディア

村上ファンドがタカラの第2株主に、コナミ離れ?

ゲームビジネス その他

通産所OBで東京スタイルへの出資などで知られる村上世彰氏系のファンドがタカラの発行済み株式の10%弱を取得して佐藤慶太タカラ社長の資産管理会社を除けばコナミに次ぐ第2株主になったことが分かりました。

タカラは「個々の株主に関する質問には答えられない」としています。ファンドは昨秋から昨年末にかけて市場で買い集めたと見られています。タカラは経営不振となっていて、経営刷新要求を行うことも考えられます。

村上氏はこれまで東京スタイルなど余剰資金を多く持ちながら株主還元をしてない企業に投資してきました。タカラはそれに当てはまりませんが、近年タカラはコナミと中期的な戦略を巡って対立していて、これに目を付けたのではないかとも言われているそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. 「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

    「GTMF2017」の事前来場者登録を受付開始─開発&運営ソリューションが一堂に会するイベント

  3. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  4. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. マジコンの輸入、財務省が禁止方針へ

  9. 任天堂の業績発表で気になった10の数字・・・海外市場、ダウンロード販売、リストラ、広告宣伝費

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る