人生にゲームをプラスするメディア

「ゲーム離れを克服して競争力へ」岩田社長インタビュー

ゲームビジネス その他

毎日新聞のサイトに任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。特に目新しいことはありませんが、任天堂の姿勢を上手く話しているように思います。斜体の部分は明らかに間違ってるようなので勝手に訂正しました。

――ゲームが売れなくなったのは、作り手がお客さんの目線に立たなくなったからですか。

お客さんを十分に観察できなかった。あるいは大声で熱狂してくれるお客さんだけを見て、黙って立ち去っていったお客さんに鈍感だったのではないか。転換期の97年は、高機能のプレイステーションやニンテンドウ64が出たころで、ゲーム業界は盛り上がっているとされていた。その時期に実は衰退が始まっていたことはいろんなことを示唆している。

いずれ、世界中でゲーム離れが起きる。世界で一番早くゲーム離れを経験した日本の開発者は、ゲーム離れへの対処方法を一番早く学び、実践している。それを競争力にすればいい。「既成概念を壊す」「枠を広げる」という任天堂の方向性はその代表だろう。

――世界経済を見渡すと、得意分野に特化した会社が好調ですが。

任天堂は小さな会社だったので、家庭用ゲームという得意分野に絞り込む必要があった。任天堂には常に強みを考える精神が刻み込まれており、私も戦略を立てるとき、自社の強みが生きるように優先順位を決める。経済がグローバル化し、自由競争が進むと、その分野で本当に力のある会社が勝つ。総合を掲げる会社が苦しくなっているのは、会社の定義付けや優先順位があいまいなまま規模を拡大してきたからではないか。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  2. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  3. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  4. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  8. 総合大賞は『FIFA』、殿堂入りに『プロ野球ドリームナイン』など・・・グリープラットフォームアワード2011授賞式

  9. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  10. 【CEDEC 2010】「意見の9割は“つまらない”というものだった」-大ヒット作『怪盗ロワイヤル』開発秘話

アクセスランキングをもっと見る