人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がGBASP/DSに対応した動画音楽再生プレイヤー「プレイやん(仮称)」を発表

任天堂はゲームボーイアドバンスSPやニンテンドーDSに対応した動画・音声プレイヤー「プレイやん(仮称)」を2月に販売開始すると発表しました。販売は当面の間任天堂のサイトのみで、1月中旬から予約を開始します。価格は5000円前後になる見通しです。

任天堂 GBA
任天堂はゲームボーイアドバンスSPやニンテンドーDSに対応した動画・音声プレイヤー「プレイやん(仮称)」を2月に販売開始すると発表しました。販売は当面の間任天堂のサイトのみで、1月中旬から予約を開始します。価格は5000円前後になる見通しです。

メディアはデジカメなどで一般的に利用されているSDカードを使用し、PCから転送したMEPG4形式の動画、MP3形式の音楽ファイルがそのまま再生できます(転送用の専用ソフトなどはなし)。また、松下製のハイブリッドレコーダで転送したSD-Video形式もサポートするそうです。

動画はサムネイルで一覧表示され、カーソルを合わせると内容確認が出来る仕組みになっています。再生中は十字キーの左右で早送り、撒き戻しが可能です。LRボタンで画面の明るさの調節も可能です。

音楽再生時はID3タグを表示するほかに、画面をOFFにすることで再生時間を延ばすことができるようになっています。ビットレートは32〜320kbpsをサポートしているようです。

バッテリーの持続時間は動画再生時で4時間、音楽再生時で液晶をOFFにした場合は16時間、液晶ONの場合でも8時間となっています。動画や音楽再生はGBA本体のチップとは別の専用チップで対応するそうで、イヤホンなどはアダプタ側に接続するようになります。

任天堂開発技術部の松灘琢磨氏は開発の背景について「開発担当者の間で、今年はオリンピックの年だから、昨日の深夜に撮っておいた放送を翌日見られたらいいだろうなあという話があったのがきっかけ。任天堂はゲームを楽しんでいただく上でコストが上がったり、複雑な手順が必要になるようなことはしませんが、様々な分野への応用の可能性をいつも積極的に研究・開発しています」と説明しています。

この「プレイやん」は12月16日から東京・有明のパナソニックセンター東京内のニンテンドーゲームフロントにて展示され実際に体験ができるようになるそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』目前の無人島生活に心弾む新CM公開!「上陸篇」&「ゼロから作る篇」の2種で新生活をチェック

    『あつまれ どうぶつの森』目前の無人島生活に心弾む新CM公開!「上陸篇」&「ゼロから作る篇」の2種で新生活をチェック

  2. 『あつまれ どうぶつの森』関連グッズひとまとめ! amiibo・化粧箱・実用アイテムなどをチェック

    『あつまれ どうぶつの森』関連グッズひとまとめ! amiibo・化粧箱・実用アイテムなどをチェック

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

  5. 『あつまれ どうぶつの森』をはじめるにはどのスイッチを買えばいいの? パッケージ版・DL版それぞれのメリットや必要グッズなどをひとまとめ

  6. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 対戦STGバトル『シナプティック・ドライブ』5月28日発売決定! スイッチ向けにパッケージ版も展開─『カスタムロボ』見城こうじ氏の最新作

アクセスランキングをもっと見る