人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がGBASP/DSに対応した動画音楽再生プレイヤー「プレイやん(仮称)」を発表

任天堂はゲームボーイアドバンスSPやニンテンドーDSに対応した動画・音声プレイヤー「プレイやん(仮称)」を2月に販売開始すると発表しました。販売は当面の間任天堂のサイトのみで、1月中旬から予約を開始します。価格は5000円前後になる見通しです。

任天堂 GBA
任天堂はゲームボーイアドバンスSPやニンテンドーDSに対応した動画・音声プレイヤー「プレイやん(仮称)」を2月に販売開始すると発表しました。販売は当面の間任天堂のサイトのみで、1月中旬から予約を開始します。価格は5000円前後になる見通しです。

メディアはデジカメなどで一般的に利用されているSDカードを使用し、PCから転送したMEPG4形式の動画、MP3形式の音楽ファイルがそのまま再生できます(転送用の専用ソフトなどはなし)。また、松下製のハイブリッドレコーダで転送したSD-Video形式もサポートするそうです。

動画はサムネイルで一覧表示され、カーソルを合わせると内容確認が出来る仕組みになっています。再生中は十字キーの左右で早送り、撒き戻しが可能です。LRボタンで画面の明るさの調節も可能です。

音楽再生時はID3タグを表示するほかに、画面をOFFにすることで再生時間を延ばすことができるようになっています。ビットレートは32〜320kbpsをサポートしているようです。

バッテリーの持続時間は動画再生時で4時間、音楽再生時で液晶をOFFにした場合は16時間、液晶ONの場合でも8時間となっています。動画や音楽再生はGBA本体のチップとは別の専用チップで対応するそうで、イヤホンなどはアダプタ側に接続するようになります。

任天堂開発技術部の松灘琢磨氏は開発の背景について「開発担当者の間で、今年はオリンピックの年だから、昨日の深夜に撮っておいた放送を翌日見られたらいいだろうなあという話があったのがきっかけ。任天堂はゲームを楽しんでいただく上でコストが上がったり、複雑な手順が必要になるようなことはしませんが、様々な分野への応用の可能性をいつも積極的に研究・開発しています」と説明しています。

この「プレイやん」は12月16日から東京・有明のパナソニックセンター東京内のニンテンドーゲームフロントにて展示され実際に体験ができるようになるそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  7. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  8. 【吉田輝和の絵日記】『大乱闘 スマッシュブラザーズ SPECIAL』「スマブラ休暇」取った友達が緊急参戦!

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

アクセスランキングをもっと見る