人生にゲームをプラスするメディア

『ZOO KEEPER』が米国でも発売されることが決定

任天堂 DS

米国の小規模パブリッシャーのIgnitionはサクセスと北米と欧州地域でニンテンドーDS向け『ZOO KEEPER』の販売権を得ることで合意したと発表しました。米国では12月末に39.99ドルで発売されるそうです。

IgnitionのプロダクトマネージャーのKen Gratz氏は「『ZOO KEEPER』はニンテンドーDSのタッチパネルやワイヤレス通信の機能を使った最も適したゲームです。その単純で中毒性のあるゲームプレイは若いゲーマーにも年配のゲーマーにも等しく受け入れられるでしょう」とコメントしています。

サクセスの吉成隆杜社長は「Ignitionは小さいが良質なゲームを見つけ出す熱狂的なゲーマーに的を絞った会社です。私達はそのような会社と共に仕事をできることを嬉しく思います」とコメントしています。

『ZOO KEEPER』では1カードでワイヤレスを使った2人対戦をサポートしているそうです。国内では12月2日発売予定です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  3. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

    海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  5. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  6. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  7. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  8. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

アクセスランキングをもっと見る