人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ぶらぶらドンキー(GBA)

任天堂 その他

ちょっと特殊な操作感が味わえる変り種アクションゲームが『ぶらぶらドンキー』です。主人公はもちろんドンキーコング。右へではなく上の方に登ってゆきます。

操作が少し複雑ですが慣れれば簡単。Lボタンで左に、Rボタンで右に移動します。LとR長押しでジャンプできます。スタートボタンでポーズです。

ステージにはロッククライミングのように取っ手が沢山あって、ジャンプしてそれに掴まって登っていきます。掴まるにはLかRボタンを使用します。Lで掴まると左手を中心にドンキーは反時計回りをします(Rだと右手を中心に時計回り)。ボタンを離すと体の方向に少しばかり飛びます、ここで別の取っ手に掴まります。これを繰り返してゴールを目指します。

言葉では難しいのですがチュートリアルがあってクランキーコング(?)が丁寧に教えてくれます。慣れると右で掴んで左で掴んでまた右で掴んで、という風に左右交互に使いながら上手く登っていくことができるようになります。また、ステージ中にはコインがあるので集めます。敵も出現するのでジャンプで倒していきます。

基本的なアクションとして面白い物があると思います。単に変な操作というわけでなく、必要性があります。私が体験できたのは単純なステージのみでしたが、このゲームが面白くなるかどうかは良いステージを沢山作れるかに懸かっていると思います。開発度は90%とのことで大体完成しているようです。お蔵入りさせずにちゃんと発売させて欲しいですね。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  2. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較し

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較し

  3. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  9. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  10. 【Wii U DL販売ランキング】Wii版『ピクミン』シリーズのダウンロード版が登場、VC『エキサイトバイク64』もランクイン(6/26)

アクセスランキングをもっと見る