人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ミスタードリラー ドリルスピリッツ(NDS)

任天堂 その他

GBAの同発タイトルにもあったドリラーがニンテンドーDSでも本体と同時に発売されます。ドリラーのような手軽に遊べるパズルゲームが本体発売から用意されているのは嬉しいです。もちろん今回のニンテンドーワールドにも出展されました。

今回の特徴は「プレッシャーモード」です。上の方から巨大なドリルがススムを押し潰そうと進んできます。潰されないように、どんどん掘り進んでいかなくてはなりません。上の画面では巨大ドリルの実況、下の画面ではススムが掘り進んでいきます。

コントロールを説明します。このゲームはタッチパネルの操作にも対応しています。しかし、少し操作性に難があるように思います。タッチすることで掘れるのですが、反応が悪く感じました。また、キャラの移動なども同じくタッチパネルで行うので戸惑います。慣れればそうでもないのかもしれませんが、少し遊んだ限りでは十字キーで遊んだほうが無難に思いました。

タッチパネルでは、ススムに隣り合ったブロックをタッチすることで掘ります。ススムと離れた位置をタッチし続けるとそちらの方向に進みます。「プレッシャーモード」ではキャラをタッチして上にスライドさせるとドリル魂(だま)を発射します。十字キーの場合は十字キーで移動、十字キー+A or B or Yで掘り、Xでドリル魂の発射です。操作の切り替えなどは必要ありません。

「プレッシャーモード」では単に掘り進んでいくだけでは巨大ドリルに追いつかれてしまいます。そこで、ドリル魂(だま)を使います。ドリル魂はステージ上にある赤いアイテムを取ることで使用可能になり、Xボタンやタッチペンの操作で発射できます。巨大なドリルはときどき花を出すので、そこにドリル魂を当てることで一定時間動きを止めることができます。何度も当てると倒してゲームクリアになるようです。

下の画面で掘り進みながら、上の画面の様子を見るのは、とても大変ですが、「プレッシャーモード」は定番パズルゲームへの面白い追加になるのではないかと思います。タッチパネルの操作に期待しないならば、買っても良いゲームでしょう。まだシリーズを遊んだことの無い方なら是非買うべきです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

    家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  3. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

    『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『ゼノブレイド2』天の聖杯「ホムラ」が1/7スケールフィギュア化!

  6. 任天堂、コントローラー訴訟で逆転勝利「特許侵害はなかった」

  7. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. 『ゼノブレイド2』新要素「アドバンスドニューゲームモード」の詳細公開―強くてニューゲームとは一味違う?

  10. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

アクセスランキングをもっと見る