人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ミスタードリラー ドリルスピリッツ(NDS)

GBAの同発タイトルにもあったドリラーがニンテンドーDSでも本体と同時に発売されます。ドリラーのような手軽に遊べるパズルゲームが本体発売から用意されているのは嬉しいです。もちろん今回のニンテンドーワールドにも出展されました。

任天堂 その他
GBAの同発タイトルにもあったドリラーがニンテンドーDSでも本体と同時に発売されます。ドリラーのような手軽に遊べるパズルゲームが本体発売から用意されているのは嬉しいです。もちろん今回のニンテンドーワールドにも出展されました。

今回の特徴は「プレッシャーモード」です。上の方から巨大なドリルがススムを押し潰そうと進んできます。潰されないように、どんどん掘り進んでいかなくてはなりません。上の画面では巨大ドリルの実況、下の画面ではススムが掘り進んでいきます。

コントロールを説明します。このゲームはタッチパネルの操作にも対応しています。しかし、少し操作性に難があるように思います。タッチすることで掘れるのですが、反応が悪く感じました。また、キャラの移動なども同じくタッチパネルで行うので戸惑います。慣れればそうでもないのかもしれませんが、少し遊んだ限りでは十字キーで遊んだほうが無難に思いました。

タッチパネルでは、ススムに隣り合ったブロックをタッチすることで掘ります。ススムと離れた位置をタッチし続けるとそちらの方向に進みます。「プレッシャーモード」ではキャラをタッチして上にスライドさせるとドリル魂(だま)を発射します。十字キーの場合は十字キーで移動、十字キー+A or B or Yで掘り、Xでドリル魂の発射です。操作の切り替えなどは必要ありません。

「プレッシャーモード」では単に掘り進んでいくだけでは巨大ドリルに追いつかれてしまいます。そこで、ドリル魂(だま)を使います。ドリル魂はステージ上にある赤いアイテムを取ることで使用可能になり、Xボタンやタッチペンの操作で発射できます。巨大なドリルはときどき花を出すので、そこにドリル魂を当てることで一定時間動きを止めることができます。何度も当てると倒してゲームクリアになるようです。

下の画面で掘り進みながら、上の画面の様子を見るのは、とても大変ですが、「プレッシャーモード」は定番パズルゲームへの面白い追加になるのではないかと思います。タッチパネルの操作に期待しないならば、買っても良いゲームでしょう。まだシリーズを遊んだことの無い方なら是非買うべきです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  2. シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

    シリーズの原点“初期3作品”をセットにした『逆転裁判123 成歩堂セレクション』発売決定!全4機種によるマルチプラットフォームで展開

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  5. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  9. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  10. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

アクセスランキングをもっと見る