人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ミスタードリラー ドリルスピリッツ(NDS)

任天堂 その他

GBAの同発タイトルにもあったドリラーがニンテンドーDSでも本体と同時に発売されます。ドリラーのような手軽に遊べるパズルゲームが本体発売から用意されているのは嬉しいです。もちろん今回のニンテンドーワールドにも出展されました。

今回の特徴は「プレッシャーモード」です。上の方から巨大なドリルがススムを押し潰そうと進んできます。潰されないように、どんどん掘り進んでいかなくてはなりません。上の画面では巨大ドリルの実況、下の画面ではススムが掘り進んでいきます。

コントロールを説明します。このゲームはタッチパネルの操作にも対応しています。しかし、少し操作性に難があるように思います。タッチすることで掘れるのですが、反応が悪く感じました。また、キャラの移動なども同じくタッチパネルで行うので戸惑います。慣れればそうでもないのかもしれませんが、少し遊んだ限りでは十字キーで遊んだほうが無難に思いました。

タッチパネルでは、ススムに隣り合ったブロックをタッチすることで掘ります。ススムと離れた位置をタッチし続けるとそちらの方向に進みます。「プレッシャーモード」ではキャラをタッチして上にスライドさせるとドリル魂(だま)を発射します。十字キーの場合は十字キーで移動、十字キー+A or B or Yで掘り、Xでドリル魂の発射です。操作の切り替えなどは必要ありません。

「プレッシャーモード」では単に掘り進んでいくだけでは巨大ドリルに追いつかれてしまいます。そこで、ドリル魂(だま)を使います。ドリル魂はステージ上にある赤いアイテムを取ることで使用可能になり、Xボタンやタッチペンの操作で発射できます。巨大なドリルはときどき花を出すので、そこにドリル魂を当てることで一定時間動きを止めることができます。何度も当てると倒してゲームクリアになるようです。

下の画面で掘り進みながら、上の画面の様子を見るのは、とても大変ですが、「プレッシャーモード」は定番パズルゲームへの面白い追加になるのではないかと思います。タッチパネルの操作に期待しないならば、買っても良いゲームでしょう。まだシリーズを遊んだことの無い方なら是非買うべきです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

    【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  2. 「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

    「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

  3. 『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成が楽しもう! 「ふっかつのじゅもん」に関する続報も

    『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成が楽しもう! 「ふっかつのじゅもん」に関する続報も

  4. 今週発売の新作ゲーム『マリオカート8 デラックス』『Outlast 2』『WAR THUNDER』『リトルナイトメア』『ねこあつめ』他

  5. 【Wii U DL販売ランキング】『マリオカート8』3位浮上、新作DLソフト『ドットアーティスト』ランクインほか(4/24)

  6. 【レポート】『モンハン』の頂点を目指せ! まずは東京地区大会が開幕─「狩王決定戦」で驚きのタイムが! 『ストーリーズ』決勝戦ではまさかの“夫婦”対決に

  7. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  8. 海外レビューハイスコア『マリオカート8 デラックス』

  9. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』悲劇を改編せよ! 時間を移動し結末を変えるゲーム性に迫る

  10. 【ネタバレ注意】『大逆転裁判2』WEB体験版をプレイしてみた!その衝撃的な内容とは…

アクセスランキングをもっと見る