人生にゲームをプラスするメディア

EAが「バットマン・ビギンズ」の版権を取得

ゲームビジネス その他

ワーナーブロス、DCコミック、エレクトロニック・アーツは2005年功会予定の映画「バットマン・ビギンズ」に基づいたゲームを開発することで合意しました。ゲームはPS2、PSP、Xbox、GC、GBAで発売される予定です。

EAパートナーズのGreg Richardson氏は「バットマン・ビギンズの公開は来年夏のエンターテイメントイベントとなるでしょう。多くのフランチャイズを制作してきた経験を生かして、ゲームを市場に送り出すつもりです。バットマンはスタイル、アクション、ドラマといったゲームを作り上げ、プレイヤーを引き込む要素がふんだんに盛り込まれています」とコメントしています。

ワーナーブロスとEAがゲーム開発と制作の監修を担当、EAが販売、3社が共同でマーケティングを行います。ゲームの開発は据え置き機向けがEurocomで、携帯ゲーム機向けはVicarious Visionsです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

    【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  4. ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. バンダイナムコ、テイルズスタジオを吸収合併

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 【CEDEC 2010】コーエーの歴史シミュレーションゲームにおける「AI設計」とは

  10. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

アクセスランキングをもっと見る