人生にゲームをプラスするメディア

ポケモン映画最新作は「剣と魔法の要素を取り入れたファンタジー」

ゲームビジネス その他

昨日から幕張メッセで開催されている東京国際エンタテインメントマーケット2004のポケモンブースにて「ザッツ・ポケモン☆エンターテインメント〜世界の国からピッ!ピカチュウ〜」が開催されました。

イベントではテレビ番組「ポケモン☆サンデー」でお馴染みのソーナンス副社長とキモリリーダーが登場して、世界各地を繋ぐテレビ形式でステージが進行しました。アメリカとの中継では海を越えて子供達が交流し、ドイツからは映画の湯山邦彦監督が最新作についてコメントしました。

湯山監督は「いまドイツのリンダホーフ城で、『ポケモン』映画最新作のロケハンをしています。最新作は剣と魔法の要素を取り入れたファンタジーで、お城など中世が舞台。いままでにない『ポケモン』映画をお見せします」と話し、最新作がこれまでとは少し違ったものとなることを明らかにしました。

既にニンテンドーDSと連動する仕組みがあることも明らかにされていて、来年夏のポケモン映画最新作は見逃せないものになりそうです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 【GDC 2014】シムも

    【GDC 2014】シムも"ながら動作"が可能に『ザ・シムズ4』が取り組むAIシステム

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  6. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  7. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

  8. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  9. 100億円強を集めたゲーム会社「ソシエゴ」に捜査・・・クライマックス・内藤氏は関与を否定

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る