人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ヨッシーの万有引力(GBA)

任天堂 GBA

『ヨッシーアイランド』『ヨッシーストーリー』につづく、ヨッシーシリーズの最新作です。今作では、GBA本体を傾けることで、ゲーム内に働く"重力"の向きを変えていきながら進んでいくゲームです。"トイザラスカーニバル"で体験できましたので、レポートします。

遊び方を具体例を挙げて説明しますと、たとえば、上に足場がなくて上れないが、その近くにじゅうたんが丸まったようなものがある、というような状態だとします。そこで、GBAを傾けて、重力の方向を変えれば、じゅうたんが転がり、広がって、足場が出来て登れるようになる、という具合です。

この「傾けて重力の向きを変える」という(プレイヤー自身の)アクションは、ゲームのいろんなところで活用されています。大きな玉を転がしたり、ヨッシーを高く打ち出す大砲の向きを変えたり、滑車にぶら下がった台車を傾けることで動かしたり、といろいろなことができます。傾ければ垂直な壁さえ登ることが可能です。

ヨッシーのアクションは、Aでジャンプ(長く押すともちろんふんばりジャンプ)、Bで舌べローン。LとRは、遊んだ限りでは特に何もなかったように思います(何かあるかもしれませんが)。これまでの『ヨッシー』にあったような「たまごを投げる」アクションは存在しないように見えました。

ステージについて。ステージは『ヨッシーアイランド』と同じようにステージを選びます。ステージに入る前に、"ミッション"が指定されます。プレイした限りでは、「りんごを○個以上食べる」「コインを○枚以上とる」というものがありました。プレイヤーは、ステージをただ単にゴールするだけでなく、この"ミッション"を達成しなくてはなりません。ステージの構成は、短いミニステージがいくつもつながっている形になっており、大きな星のオブジェクトまでたどり着くとゴールとなります。

プレイした限りで、手軽にさくさく進めました。序盤だけあってか、難易度はある程度低く抑えられている感を受けました。はじめは少し"傾けながらプレイする"ということに戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえばこっちのものです。思う存分傾けていきましょう。ただ、"万有引力"はあんまり関係ないと思ったのは私だけでしょうか(笑)

補足。ゲームの最初に"ARTOON"のロゴが表示されていました。このゲームのプロデューサーを大島直人氏というかたが担当されていて、 氏の所属する会社が"ARTOON"です。これまで、大島氏がデザインを手がけたものに『ソニック』『ナイツ』『ピノビィー』『ブリンクス』などがあるようです。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  2. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較し

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較し

  3. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  9. 【Wii U DL販売ランキング】Wii版『ピクミン』シリーズのダウンロード版が登場、VC『エキサイトバイク64』もランクイン(6/26)

  10. 3DS『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』新ポケモン2匹の姿をお披露目、その正体とは…?

アクセスランキングをもっと見る