人生にゲームをプラスするメディア

EGNが入場者数を発表、ECTSは来年も開催へ

ゲームビジネス その他

9月初旬に英国で開催されたEuropean Game NetworkとElectronic Consumer Trade Showの2つの展示会が注目されていましたが、初年度となったEGNは業界関係者のみの部門で3700人、一般展示で51400人の入場者を数えたと発表しました。

一方で、これまで中心的な展示会として15年以上続いてきたECTSはまだ入場者数は発表されていませんが、昨年の10539人(業界関係者のみ)という数は大幅に下回ったと見られます。EGNに大きく水を開けられたECTSですが、2005年も展示会を開催することを明言しています。

EGNはECTSに対して大きなリードを付けましたが、しかし一方で目標としていた入場者数10万人には大きく届かず、勝負は来年に引き継がれそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  4. CEOに聞く「Scaleform GFx」の今後と日本市場攻略

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福

  7. さぁ、ゲームの時間だ!『モーレツ宇宙海賊』ソーシャルゲームをプレイ

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. 日本一ソフトウェア北米子会社元社長、新会社「プリップアップ」を設立

  10. 任天堂・岩田社長の訃報に業界著名人から哀悼の声 ― 桜井政博や吉田修平もコメント

アクセスランキングをもっと見る