人生にゲームをプラスするメディア

アイドスが数社との買収交渉を認める

ゲームビジネス その他

以前から数社が買収を狙っていると噂されていた、大手パブリッシャーのアイドス・インタラクティブですが、今回数社と買収に関して交渉を行っていることを認めました。相手としてはEA、ユービーアイ、アタリなどが噂されています。

「アイドスのボードは全てのオプションを保持して調査中であり、少数の会社との合併、統合に関する話し合いを行っていることを確認します」とアイドスは発表しました。しかし一方で、これが買収に実際に結びつくかどうかは分からないと述べました。

アイドスの株価はこの発表を受けて10%以上上昇したそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 「中古ゲームジャパン」、購入時期や理由不問で返品出来る新サービス開始

  6. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る