人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、ニンテンドーDSの正式名称やデザインを発表(まとめ)

任天堂 DS

任天堂は28日、ニンテンドー・ディーエス(仮称)の正式名称を「ニンテンドーDS(海外向け NINTENDO DS)」と正式に発表しました。また、正式なデザインもロゴマークなども発表されました。

正式デザインは5月のE3で発表されたものと比較して、シルバーを基調にボタンはブラックで統一し、スタイリッシュな感を与えるものとなっています。ボタン配置も、パワーボタンとスタート・セレクトの位置が左右逆に変更されています。

ロゴもE3で発表されたものと大差ありませんが、DSの部分のカラーがブルーからブラックに変更され一部字体が変更になっています。こちらも落ち着きを与えるデザインになりました。




今回機能的な部分については新しい情報はでませんでしたが、下に紹介する岩田氏とレジー(!)のコメントにタッチスクリーンや2画面に並んで「チャット機能(chat functions)」とありましたので、ハードとしてチャットがサポートされるということかもしれません(『PictChat』同梱?)。

「ニンテンドーDSは将来の携帯ゲームを変えます。2画面、チャット機能、タッチスクリーン、ワイヤレス通信、音声認識――これらの機能はこれまでに試されてきた挑戦を超えるでしょう。そしてユーザーは創造性や革新がゲームの世界に新しい息吹を吹き込むことから利益を得るでしょう」と任天堂の岩田聡社長は述べています。

「これらの革新的な機能はニンテンドーDSを一段上のゲームデバイスにします。また、チャット機能や他のDSと接続できる機能はこのデバイスに社会的な機能も付与するでしょう。私達は何が携帯ゲームにユーザーをひきつけるかというマジックを解き明かしました。私達はこれまで9人のライバルを打ち倒してきました。もう一度勝利する準備はできています」と任天堂オブアメリカ、セールス&マーケティング担当上級副社長のReggie Fils-Aime氏は述べました。

任天堂によれば現在全世界で120タイトル以上がニンテンドーDS向けに開発されていて、任天堂自身でも20タイトル以上を開発しているそうです。また、既に100社以上がDS向けの開発に契約しているとのことです。

発売時期はこれまでの発表通り、国内と北米では2004年内、欧州では2005年1〜3月とのこと。正式な時期は追って発表されるそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

    「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  2. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  3. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  4. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  5. スイッチ『銀星将棋 強天怒闘風雷神』配信開始、Wii Uなどで登場した将棋ソフトがDL版に

  6. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  7. ポケモンパペット劇場「パペモン」に花澤香菜が出演!シェルダーとして“ヤドンのしっぽ”の魅力を熱唱

  8. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  9. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

  10. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

アクセスランキングをもっと見る