人生にゲームをプラスするメディア

『ペーパーマリオRPG』の北米向けサブタイトルは「千年の扉」

既に国内では発売されて非常に好調なスタートを見せている『ペーパーマリオRPG』ですが、海外向けタイトルは『Paper Mario: The Thousand-Year Door(ペーパーマリオ: 千年の扉)』となることが分かりました。

任天堂 ゲームキューブ
既に国内では発売されて非常に好調なスタートを見せている『ペーパーマリオRPG』ですが、海外向けタイトルは『Paper Mario: The Thousand-Year Door(ペーパーマリオ: 千年の扉)』となることが分かりました。

北米では年末発売で、『ペーパーマリオRPG』や『メトロイドプライム2: エコーズ』などは29.99ドルという低価格で発売されるのではないかとの憶測もありますが、現在のところ価格は明らかにされていません。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

    『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  2. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

    『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 衝撃の事実!『ポケモン』モンスターボールの誕生に隠された“ある教授の研究”とは…

  5. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  6. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

  7. 『モンハンライズ』バルファルク安定討伐のために注意すること!龍気吸い込み時の“弱点”や彗星落下攻撃の回避方法まで徹底解剖

  8. 『桃鉄』ソロプレイ全物件制覇こそ、“おうち時間”を最高に楽しむエンドコンテンツ!ワンミスで資産が吹き飛ぶ地獄のサバイバル100年を生き延びろ

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』御三家はだれを選ぶ?ニャオハ、ホゲータ、クワッスの人気を調査【アンケート】

  10. 【特集】『星のカービィ』名曲10選、本当は10曲に選びたくなかった!

アクセスランキングをもっと見る