人生にゲームをプラスするメディア

『ペーパーマリオRPG』の北米向けサブタイトルは「千年の扉」

既に国内では発売されて非常に好調なスタートを見せている『ペーパーマリオRPG』ですが、海外向けタイトルは『Paper Mario: The Thousand-Year Door(ペーパーマリオ: 千年の扉)』となることが分かりました。

任天堂 GC
既に国内では発売されて非常に好調なスタートを見せている『ペーパーマリオRPG』ですが、海外向けタイトルは『Paper Mario: The Thousand-Year Door(ペーパーマリオ: 千年の扉)』となることが分かりました。

北米では年末発売で、『ペーパーマリオRPG』や『メトロイドプライム2: エコーズ』などは29.99ドルという低価格で発売されるのではないかとの憶測もありますが、現在のところ価格は明らかにされていません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  8. 『スマブラSP』オンライン対戦の仕様が明らかに!今作では「エンジョイ部屋」「ガチ部屋」などの区別を廃止

  9. 『スマブラSP』出典別で見る大乱闘!最も多く関連要素が登場している作品は?

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る