人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー・ディーエスにも『ゼルダの伝説』が登場

任天堂が年内に発売を予定している携帯ゲーム機「ニンテンドー・ディーエス」向けにも「ゼルダの伝説」が開発されていることがわかりました。これはGameSpyが任天堂の青沼英二氏に行ったインタビューの中で明らかにされたものです。

任天堂 DS
任天堂が年内に発売を予定している携帯ゲーム機「ニンテンドー・ディーエス」向けにも「ゼルダの伝説」が開発されていることがわかりました。これはGameSpyが任天堂の青沼英二氏に行ったインタビューの中で明らかにされたものです。

青沼氏は以前からニンテンドー・ディーエスで『ゼルダの伝説』に関係するゲームを開発している可能性を強く示唆していましたが、今回初めて本人がそれを認めました。

以下、GameSpyインタビューより

GameSpy:現在開発が進められているゼルダは何本ありますか?

青沼氏:3本です。ゲームボーイアドバンス版、ニンテンドー・ディーエス版、そしてゲームキューブ版です。

GameSpy:ニンテンドー・ディーエス版はまだ発表されていません。

青沼氏:その通りです。これは将来の物ですから。

GameSpy:その作品にタイトルはありますか?

青沼氏:まだありません。それどころかゲームキューブ版のタイトルも決まってないんです。

GameSpy:これまでゼルダが任天堂のハードと同時に発売されることはありませんでした。今後発売される2機種(1つはGCの後継機だと思われます)でゼルダは同時に発売されますか?

青沼氏:はっきりした事は言えませんが、これまでハードが発売されるときは必ずマリオがありました。基本的にはマリオが必ず先に出ますが、そうじゃなきゃ駄目だとういう法則はないんです。

(ゼルダをハードと同時に発売したいかという質問に対して)もちろんですが、詳しいことはまだ何も決まってません。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  4. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. 『無双OROCHI3』東洋水産とコラボ!「赤いきつね」か「緑のたぬき」が1年分もらえるチャンス

  8. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  9. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  10. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

アクセスランキングをもっと見る