人生にゲームをプラスするメディア

任天堂は中国などで海賊版との「困難な戦い」を続けます

ゲームビジネス その他

Bloombergの「Nintendo, Sony Fight `Uphill Battle' Against Counterfeit Goods」という記事を紹介します。ゲームとか色々な方面に渡って中国など途上国の海賊版被害の深刻さを伝えています。ゲーム関係の部分だけ簡単に抜き出したので繋がりが少し変な部分がありますがご容赦を。

任天堂の海賊版対策チームの9人と中国警察が中国南部のハイテク向上を襲撃した際、彼らは1万個の「Made in Japan」と刻印された海賊版GBAカートリッジを発見しました。

確保されたそれらのカーとリッジは20名の運び屋によってその工場に運ばれたことが判明しました。任天堂の報告によれば、工場は既に逮捕されたHuang Weijianによって運営されており、約100名の従業員が組み立てに従事していました。

押収されたゲームは、もし香港や上海やソウルといったゲームやDVDが定価の1/20の価格で店に並ぶ街に無事(?)に運ばれていれば、京都にある任天堂に35万ドルの損害をもたらしていました。任天堂は2003年は前年の400万ドルの倍近い720万ドルの被害があったと言います。

「これは困難な戦いです」とレドモンド・ワシントンに本拠を置く米国任天堂で海賊版の特別対策本部のJodi Daugherty部長は言います。「私にはこの戦争に勝つ日が来るのかどうか分かりません。戦いはより厳しくなりつつあります」

「任天堂やソニーのような世界の大手電気メーカーは販売の殆どを日本、米国、ヨーロッパのような海賊版が盛んでない地域で上げます。しかし中国の溢れ返る海賊版市場は昨年9.1パーセントの経済成長をした国からこれらの企業を遠ざけています」と任天堂やソニーの株も扱うSwissca Portfolio ManagementのAlexander Shalash氏は述べました。

香港の中心から車で5分の場所にある湾仔にあるショッピングセンターでは約40の店でゲームボーイやプレイステーションの海賊版を置く小さな店を見る事が出来ます。

その中のある店のセールスマンは海賊版の正規の商品の両方を販売していると言います。彼は顧客の70パーセントは正式でない方を選びます。

「今日、誰が正規の商品を買おうとするでしょうか?」姓名を隠した店のセールスマンのAh-Shingは言いました。海賊版は70〜110香港ドル(1000円〜1500円)しかしないのに対して、正規版は300〜320香港ドル(4300〜4600円)と倍以上の差があります。

「だからといって内容が違うわけではありません」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  3. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 【ブルーオデッセイ徹底攻略】冒険スタート!ゲーム序盤をしっかりガイドします(第2回)

アクセスランキングをもっと見る