人生にゲームをプラスするメディア

戦国ストラテジ+ピンボール『OHDAMA』インプレッション

任天堂 GC

GameCube Advancedに掲載されている『Ohdama』というゲームのインプレッションです。hが入るのが正しそうですが、原文はOdamaとなっているのでそのままにしておきます。開発はビバリウムで、参考展示だったようです。2つあります。




ショーの意外な発表は、このミリタリーとピンボールのゲームプレイを組み合わせた日本のゲームでした。コンセプトはとても単純です。敵の軍隊が進んできます、自分に与えられた武器は豊富な軍隊と周りを転がって敵を粉砕する1つの巨大なOdama(大玉)です。

ゲームを始めると最初は単なるピンボールゲームのように思えます。しかしこのゲームは非常に戦略性とタイミングを要求されるゲームだと気付かせられるでしょう。単にOdamaを落とさないようにするだけでなく、敵の基地を奪い、味方の状態に気を配り、目的を達する事に集中しなくてはなりません。ゲームは速いスピードで進み、難しい、そして変にアピールするものがあります。

遊べたステージは敵が川を越えて攻めてくるというステージでした。プレイヤーは川に橋を架けようとする味方の軍隊を敵から守ります。そのときプレイヤーはOdamaを木や建物にぶつけて、ライフを見つけたりする事も出来ます。さらに敵の見張り台を倒して、遠くからの攻撃を阻止することもできます。

このゲームは遊んでもそれをなかなか理解し難い種類のゲームです。しかしゲームは面白く中毒性があります。私はこのゲームのニュースを注目しておきたいと思います。




Odama、名前を読んでもそのゲームの内容を知るのは困難です。一度ゲームを遊んだ後にもこれは一体何だったのだろうかという疑問は残ります。これは『ピクミン』と『スタークラフト』とピンボールを合わせたようなゲームです。部隊を動かすのは2つのフリッパーです。そうですフリッパーです。

私はこのようなゲームを遊んだ事がありません。また、このゲームを見ながら前を通り過ぎた殆どの人の顔もそうであろうと確信させます。

一旦その不気味さを感じる段階を過ぎてゲームを遊んでみると、これは少し深いゲームだと分かります。プレイヤーはピンボールだけでなく、兵士と、川に橋を架ける兵士を操作する必要があります。また『スーパーモンキーボール』を彷彿させるように、ピンボール台を傾けることで兵士をコントロールできます。全てを操作するのは大きなチャレンジです。しかしそれは面白いチャレンジです。

私はゲームを最後まで遊べませんでした、私が見た他の全ての人も同様でした。しかしこのゲームは注目する価値があります、その独自性だけでも。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  3. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

    海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  5. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  6. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  7. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  8. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

アクセスランキングをもっと見る