人生にゲームをプラスするメディア

宮本氏・青沼氏 ゼルダインタビュー

任天堂 GC

E3の1日目が終わった後に行われた宮本氏・青沼氏のゼルダについてのインタビューの概要です。こちら(dengelionline)にも、一部載っているものです。

宮本氏
・やめると言うのはただの噂
・『Donkey Kong Jungle Beat』は東京開発部
・青沼氏はプロデューサー
・『タクト』では、子供のリンクでいきたかったので、それを表現するにはトゥーンシェイドがベストと最終的に決めた。それから、ずっと大きな疑問を持ち続けていた。それは、ティーンエイジャーのリンク、16歳のリンクを作るとき、どうすればいいのか、ということ。『タクト』の後にいくつかのモデルを作り、最終的に『オカリナ』に近いものがベストだと判断した。

青沼氏
・流した映像は、ムービーではなくゲームエンジンで動いているもの。
・『オカリナ』以来、宮本氏が馬の上で剣を振るリンクを見たいと言っていた。

Q&A
開発はどのぐらい?
・(青沼氏)来年のE3では遊べる。エンジンはもう動くようになっている。


『タクト』は水、『ムジュラ』は仮面、次のテーマは?
・(青沼氏)クエストも、テーマもある。プレイアブルになったら何か教えてあげる。ひとついえるのは、成長に焦点を当てていたこと。今回は成長したリンクにもっと焦点を当てる。

ゲームプレイは『タクト』と同じような感じ?
・(通訳 Trinen氏)(すでにプレイしているので、青沼氏にどうだったかと聞かれ)うん、すごくいいですよ(会場笑い)
・(青沼氏)『タクト』やりたかったのは操作をもっとシンプルにすることだった。成長したリンクに合う操作法を探している。
・(宮本氏)05年発売予定なので、まだ完成には遠いのでまだ詳細はいえない。これまで18年間、ゼルダはゲームプレイが変わっていない。謎解き等、新しいものが見たい。そこに焦点をあわせるようにと青沼氏に頼んである。


フィールドが『オカリナ』そっくりだし、エポナが出ているようだが
・(青沼氏)なぜエポナだとわかるんです(笑)? まだ多くはいえない。

キャラクターがしゃべったりする?
・(宮本氏)あまりしゃべらせたくない。自分で声を当ててください(笑)
《OKOK》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  7. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  8. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」を発表―スイッチ/3DSで最も人気があったタイトルは?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

アクセスランキングをもっと見る