人生にゲームをプラスするメディア

アイドスに買収の危機?

ゲームビジネス その他

アイドスが同社を取り巻く不穏な動きを警戒しています。きっかけはシンガポールの先物会社・フィリップGNIが先日アイドスの株式720万を取得して5%の株式を所有する株主になった事を明らかにしたことです。

アイドスは「特に何もない」と平静を装っていますが、GNIの背景に誰がいるか探ろうとしています。GNIは誰がクライアントなのか明らかにしていませんが、Scoot.comの元CEOのRobert Bonnier氏であると推測されています。

今後何か続報があればお伝えします。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

    ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  3. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  4. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  5. 【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

  6. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. SIEの新経営体制が発表―現副社長の小寺氏がCEOに、現CEOのハウス氏は会長職に就任

  9. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  10. 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

アクセスランキングをもっと見る