人生にゲームをプラスするメディア

無料ゲームは主婦層がプレイ―ニフティとスクウェア・エニックスが調査結果を発表

ニフティとスクウェア・エニックスは、「無料カジュアルゲーム利用者の実態」に関する調査結果を発表しました。

ゲームビジネス その他
ニフティとスクウェア・エニックスは、「無料カジュアルゲーム利用者の実態」に関する調査結果を発表しました。

調査期間は2007年11月15日〜2008年2月14日。対象はニフティの「無料ゲームPlus」の利用者で、有効回答数は2,575名となっています。

インターネットのゲームといえば男性主導の世界と言われてきましたが、今回のアンケートの回答者の比率は女性が66%と過半数を突破。「F2層」と呼ばれる35〜49歳が49%を占めるという結果となりました。

ゲームをプレイする場所は「自宅」が93.7%、次いで「学校・勤務先」が4.7%という順当と言えば順当な結果に。躍進が望まれる「ネットカフェ・漫画喫茶」は0.2%に留まりました。プレイ時間は1時間〜1時間半程度が44.2%。人気のジャンルはパズルゲームで、増やして欲しいジャンルもパズルゲームがトップ。

現在のカジュアルゲームの主力層はローティーンですが、「無料ゲームPlus」では、主婦層が自宅からの接続で1時間程度の息抜きを楽しむ……という、落ち着いたスタイルが主流と言えそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  5. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  6. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  7. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  10. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

アクセスランキングをもっと見る