人生にゲームをプラスするメディア

Zoonamiがデビュー作『Funkydilla』を発表―音楽ゲームに

任天堂 GC

英国のデベロッパー・Zoonamiは2つの理由で任天堂ファンに期待されていました。1)元レアで『ゴールデンアイ』や『パーフェクトダーク』のプロジェクトリーダー・Martin Hollisが代表 2)数年前から任天堂オブアメリカと一緒に仕事をしている。しかしZoonamiの最初のゲームはゲームキューブ独占でもFPSでもありませんでした。

Zoonamiは本日『Funkydilla』というゲームを全ての機種向けに開発中であると発表しました。

Zoonamiは『Funkydilla』がミュージック・ミキサーゲームの革新をもたらすだろうと説明しています。プレイヤーはアレンジボーカルやフレーズを順番にもしくは同時に演奏する事ができます。更に『Funkydilla』は幅広いポピュラー音楽を収録します。協力プレイや対戦も可能になる予定です。

「ゲーム業界は新しいアイデアやゲームプレイの革新を必要としています。『Funkydilla』はこのジャンルのどのゲームとも異なります。これは誰でも友達や家族と一緒に楽しむ事が出来るゲームで、部屋に居る全ての人が遊んで、見て楽しむ事が出来ます」とMartin Hollis氏はコメントしています。

『Funkydilla』は未だパブリッシャーは決定していません。「このゲームのパブリッシャーは収録されるアーティストが異なる幾つかの版を発売したいと考えるでしょう。ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ティンバーレイクあるいはビヨンセのように人気のあるアーティストを選べばそれらのファンも興味を持ってくれるでしょう。もしくは違う方向性でアッシャー、エヴァネッセンスあるいはモービーのようなアーティストを収録すればパーティや学校のイベントなどカジュアルな場で遊べるものになるでしょう」とライセンスミュージックを収録したい意向を示しています。

《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』更新データ(Ver.1.2.0 )配信開始、ピクミンのamiiboが対応したほか対戦時のバランス調整も

    『マリオカート8 デラックス』更新データ(Ver.1.2.0 )配信開始、ピクミンのamiiboが対応したほか対戦時のバランス調整も

  2. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  3. 【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

    【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

  4. 『スーパーボンバーマン R』アプデVer.1.4配信開始、三角頭やビックバイパーが参戦!

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』冬発売の英傑amiiboは6月30日予約開始、マイニンテンドーストアでは4体セットも登場

  6. 『スプラトゥーン2』スナック菓子が発売決定、シーフード味とコンポタ味の2種類が展開

  7. ローグライク2Dアクション『GoNNER』スイッチ版が配信開始、かわいい見た目に反してハードな作りが特徴

  8. 相手を画面からはじき出せ!シンプルな対戦アクション『デ・マンボ』スイッチで配信開始

  9. スイッチ『ナムコミュージアム』夏配信決定、『パックマン』や『ギャラガ』など名作ACタイトル10本+『パックマン vs.』が収録

  10. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

アクセスランキングをもっと見る