人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5は今後任天堂向けにソフトを供給しない

ゲームビジネス その他

ファクター5社長のJulian Eggebrecht氏はIGNcubeに対し、ゲームキューブ向けタイトルの開発を今後は一切行わないと述べました。同社は現在他機種向けにソフトを開発しているということです。

他機種向けのタイトルが何かは明らかにしませんでしたが、先に行われたGame Developers Conference 2004で、同社はソニーのPSPに対して最も熱心だったことでスポットを浴びました。

5月に開催されるE3でも、ファクター5はゲームソフトの出展を行わないとのことです。また、同社が手掛けていたとされるゲームキューブ向け『パイロットウィングス』についても何も明らかにされていませんが、今回の方針でその可能性はゼロになったと言えるでしょう。

ファクター5は、99年にNINTENDO64向けに発売された『スターウォーズ 出撃!ローグ中隊』(海外ではスターウォーズ ローグスコードロン)で高い評価を得て、その後もゲームキューブで『スターウォーズ ローグスコードロン』シリーズの開発に携わってきました。また、NINTENDO64やゲームボーイカラー、ゲームキューブのサウンド関連なども手掛けていました。

ゲームソフト開発以外も含めて、今後の両社の関係を見守っていきたいです。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. 発覚!元任天堂広報H氏2度目の転職

    発覚!元任天堂広報H氏2度目の転職

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. バンナム、アーケードゲーム機を専用カスタマイズして提供する新事業を開始

  6. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  7. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  8. 新感覚エンターテインメント、『マリオファクトリー』レポート

  9. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  10. 五感を刺激する夢のマシン「VRセンス」稼働開始、女の子の“香り”まで再現!?

アクセスランキングをもっと見る