人生にゲームをプラスするメディア

クライテリオン、家庭用ゲーム開発向け物理シミュレーションエンジンを発売

クライテリオン・ソフトウエアは同社のレンダーウェアシリーズに家庭用ゲーム開発向け物理シミュレーションエンジン「RenderWare Physics」を追加する事を明らかにしました。発売は4月5日からで、標準構成で価格は月額48万円。ゲームキューブ、PS2、XBox、Windowsの各プラットフォームに対応しています。

ゲームビジネス その他
クライテリオン・ソフトウエアは同社のレンダーウェアシリーズに家庭用ゲーム開発向け物理シミュレーションエンジン「RenderWare Physics」を追加する事を明らかにしました。発売は4月5日からで、標準構成で価格は月額48万円。ゲームキューブ、PS2、XBox、Windowsの各プラットフォームに対応しています。

「RenderWare Physics」は、ゲーム上の振る舞いをダイナミックに表現する物理シミュレーション(ラグドール))、オブジェクト間に起こる衝突、反発、摩擦等の自然現象を再現する剛体シミュレーション、物理シミュレーションのプレビューや物理パラメータの試行錯誤を行うツール等で構成されます。

近年のゲーム開発の複雑化と巨大化に対応する為、クライテリオンのレンダーウェアを始めとするミドルウェアを導入する会社は増加しており、「RenderWare Physics」も今後発売される多くの3Dゲームに採用される事になるのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  5. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  6. 待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

  7. 川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

  8. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. 任天堂、ロゴを変更?

アクセスランキングをもっと見る