人生にゲームをプラスするメディア

GBAタイトル好調でMajesco第一四半期は増収増益

米国のパブリッシャーMajescoは1月31日で終わる第一四半期の決算を発表しました。それによれば、GBAタイトルの売上が好調で売上高、利益共に増加したそうです。売上高は2460万ドル(↑84%)、純利益は750万(↑50%)でした。

ゲームビジネス その他
米国のパブリッシャーMajescoは1月31日で終わる第一四半期の決算を発表しました。それによれば、GBAタイトルの売上が好調で売上高、利益共に増加したそうです。売上高は2460万ドル(↑84%)、純利益は750万(↑50%)でした。

「私達は第一四半期の結果にとても満足していて、今後も成長が続くと楽観視してます。私達は2000万のGBAユーザーが4Kidsのアニメを視聴可能になるGBAビデオシステムを売り出す予定で、小売店より非常に強い期待を受けている事に興奮します。私達はこの他にも『BloodRayne 2』や『Advent Rising』を発売し、欧州市場にもGBAの多くのタイトルを発売します。これらはMajescoの有望な将来を築くでしょう」とCEOのJesse Sutton氏は述べました。

Majescoは2004年度末の2004年10月31日までに売上高が8900万を突破するだろうと予測しています(前期比+89%)。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 『夢100』VRを体験!「イケメンテックラボ」でイケメンの頂点へ……開発者インタビュー

    『夢100』VRを体験!「イケメンテックラボ」でイケメンの頂点へ……開発者インタビュー

  3. 【GTMF2013】マッチロックの「BISHAMON」パーティクルが魅せる-着実な進歩と改善

    【GTMF2013】マッチロックの「BISHAMON」パーティクルが魅せる-着実な進歩と改善

  4. 【CEDEC 2009】猿楽庁の橋本長官がゲームのチューニングを語る・・・「ゲームチューニングってなんだろう?」

  5. 【CEDEC 2012】実利用も広がりつつあるARの基礎知識をおさらい

  6. 【CEDEC 2009】日本と海外の違いとは?~「国際マーケットを視野に入れた開発とは?」

  7. カプコンオンラインゲームズ、キャリア採用サイトをオープン―スマホゲームや『deep down』などのスタッフを募集

  8. 政府、業界団体が「フィルタリング普及キャンペーン」―任天堂やSCEも参加

  9. 【CEDEC 2012】「CEDEC AWARDS 2012」5部門の最優秀賞を発表 ― Kinectや『パズドラ』開発チームが受賞

  10. 『サガ』全シリーズ楽曲収録!20枚組み「PREMIUM BOX」8月発売

アクセスランキングをもっと見る