人生にゲームをプラスするメディア

GBAタイトル好調でMajesco第一四半期は増収増益

ゲームビジネス その他

米国のパブリッシャーMajescoは1月31日で終わる第一四半期の決算を発表しました。それによれば、GBAタイトルの売上が好調で売上高、利益共に増加したそうです。売上高は2460万ドル(↑84%)、純利益は750万(↑50%)でした。

「私達は第一四半期の結果にとても満足していて、今後も成長が続くと楽観視してます。私達は2000万のGBAユーザーが4Kidsのアニメを視聴可能になるGBAビデオシステムを売り出す予定で、小売店より非常に強い期待を受けている事に興奮します。私達はこの他にも『BloodRayne 2』や『Advent Rising』を発売し、欧州市場にもGBAの多くのタイトルを発売します。これらはMajescoの有望な将来を築くでしょう」とCEOのJesse Sutton氏は述べました。

Majescoは2004年度末の2004年10月31日までに売上高が8900万を突破するだろうと予測しています(前期比+89%)。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  2. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  3. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

    PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  7. 【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

  8. ゲームの再生事業を手掛けるマイネット、東証マザーズへ新規上場

  9. セガ、本社を品川に移転

  10. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

アクセスランキングをもっと見る