人生にゲームをプラスするメディア

【任天堂クラシック博物館】第1回 チャレンジダイス

クラシック博物館という事でここではファミコン以前の任天堂の製品について取り上げて紹介していきたいと思います。メジャーな物(ウルトラハンドなど)から、マイナーなもの(よく分からないペーパークラフトなど)までネタが続く限り紹介していきたいと思います。

任天堂 その他
クラシック博物館という事でここではファミコン以前の任天堂の製品について取り上げて紹介していきたいと思います。メジャーな物(ウルトラハンドなど)から、マイナーなもの(よく分からないペーパークラフトなど)までネタが続く限り紹介していきたいと思います。

記念すべき第一回は「チャレンジダイス」という商品です。なぜこんなマイナーな商品が選ばれたのは私の直ぐ手元にあったからに他なりません。それはともかくとしてこの「チャレンジダイス」を見ていきたいと思います。発売されたのは1969年ですからファミコンが発売される15年前のものという事になります。

これはどんなおもちゃなのか? 説明書の最初には「チャレンジダイスは子供からおとなまで、楽しく遊びながら想像力を豊かにするゲームです」とあります。遊びながら学べる、任天堂らしいおもちゃと言えるかもしれません。任天堂イズムは既にこの時に確立していたのかもしれません。このおもちゃは6面体のダイズに合計21の穴が開いていて、それに長さの違う4種類・計21本のピンを差し込んでいくというものです。ちゃんと正解通りに嵌めていかないと立方体なので中でぶつかって上手く刺せない、というものです。

これはね、結構難しいのです。あてずっぽではとてもじゃないけど完成させられません。よーくよーく熟考しても難しい。4種類のピンの組み合わせを考えるので思考力は付くかもしれません。私は頭から煙を出しながら30分ほど格闘してやっと解けました。。しかし、正解パターンは全部で12通りあるそうです。・・・私は想像力に欠けると、という事のようです。がっくし。しかししかし、解けなくてもダイスはばらせて中に片付けられるので完成させられなかった人も大丈夫(?)です。

何というか、アレですね、まるで知能テストをやっているような感じです。知恵の輪の仲間のようなものと考えたらいいかもしれませんね。ちなみに当時の価格は400円だったようです。

2004年3月7日追加


これで「チャレンジダイス」の紹介は終わりです。何となくもっと上手い紹介の仕方があるような気がしますね。。。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 話題のテレワークって『あつまれ どうぶつの森』でも出来るんじゃない?編集部が実験して見えてきたメリット&デメリット

    話題のテレワークって『あつまれ どうぶつの森』でも出来るんじゃない?編集部が実験して見えてきたメリット&デメリット

  2. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

    元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  5. 『あつまれ どうぶつの森』をはじめるにはどのスイッチを買えばいいの? パッケージ版・DL版それぞれのメリットや必要グッズなどをひとまとめ

  6. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  7. 『あつまれ どうぶつの森』シリーズ初心者必見!空飛ぶ風船や蜂・タランチュラの対処方法は?8つの細かな疑問にお答え

  8. 『あつまれ どうぶつの森』これであなたもガーデナー!お花を極めるために知っておきたい情報ひとまとめ

  9. 『あつまれ どうぶつの森』岩叩きから“ベルのなる木”までコイツにおまかせ!多彩な用途を誇る「スコップ」活用法7選

  10. 『あつまれ どうぶつの森』とにかくお金が欲しいあなたに! 序盤にできる金策10項目

アクセスランキングをもっと見る