人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂氏がスミソニアン博物館でセミナーを

ゲームビジネス その他

スミソニアン博物館は市民向けプログラムとして「Games People Play」セミナーを任天堂がスポンサーになって開催すると発表しました。ワシントンDCに住んでいるゲーム好きにとっては良い話かもしれません。

このセミナーには、『Ultima Underworld』や『Thief: The Dark Project』の開発者で現在アイドスインタラクティブCTOのDoug Church氏、カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」のデザイナーのDr. Richard Garfield氏、そして説明不要・任天堂の宮本茂氏が参加します。

「Games People Play」はスミソニアンのキャンパスで5月16日に開催されます。料金は40ドルだそうです。16日という事はE3の帰りに寄るって所ですか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  3. 任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

    任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

  4. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  5. SIEの新経営体制が発表―現副社長の小寺氏がCEOに、現CEOのハウス氏は会長職に就任

  6. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. ESA代表「NPDの月刊レポートは業界の害悪」

アクセスランキングをもっと見る