人生にゲームをプラスするメディア

スポーンの国内向けタイトルは『Spawn Chains of Destiny』

任天堂 GC

ナムコのスポーンの開発元のPoint of Viewは日本国内向けタイトルが『Spawn Chains of Destiny』になることを明らかにしました。国内でも今年中に発売する為にローカライズがをすると決定したようですが、これ以上の事は明らかになっていません。

『スポーン: アルマゲドン』はトッド・マクファーレン氏の人気コミックの「スポーン」を題材としたアクションアドベンチャーゲームです。25のミッションと60のステージが登場する大作になっているそうです。地獄からスポーンとして蘇った男がSFXアクションを見せます。

ゲームキューブで発売される見込みは薄いような気もしますが、一応。
《土本学》

編集部おすすめの記事