人生にゲームをプラスするメディア

ジニアス・ソノリティがプログラマを募集―開発体制強化

ゲームビジネス その他

第一弾タイトルとして『ポケモンコロシアム』を開発したジニアス・ソノリティがプログラマの募集を行っています。仕事内容は、開発支援のためのプログラム、ゲームキューブ用タイトルのプログラム、となっています。

スタート時は9人だったスタッフも現在ではヨーロッパ、アメリカからも集まり、50名ほどになっているそうです。

社長の山名学氏はこのようにコメントしています。

本来、ゲームはどうあるべきなのか。プレイヤーの心を打つゲームとは・・・ いま一度、純粋にユーザーが楽しめるものをつくっていきたい。さらには、日本発の文化をもう一度見つめなおし、海外市場までも視野に入れ、世界に通用するエンターテインメントとして育てていきたい。そのためにもぜひあなたの力を貸してくれませんか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  2. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  3. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  4. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  5. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  6. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  7. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  8. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  9. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  10. 「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

アクセスランキングをもっと見る