人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー・ディー・エスに関する7つの噂

任天堂 GC

IGNに任天堂やサードパーティから得たというニンテンドー・ディー・エスに関する噂が幾つか掲載されています。ほぼ間違いないという話もありますが、全て噂という事を頭に入れて見てください。

後方互換性
任天堂はDSをゲームキューブ、GBAに次ぐ第三の柱と位置付けています。しかし日本からのインサイダー情報に寄れば、DSではGBAのゲームも遊べるようになるそうです。

タッチ・スクリーン
DSの特徴は2つの液晶を搭載していることですが、インサイダー情報によれば、少なくとも1つはタッチ・スクリーン、もしくは指かペンで操作できるような液晶を採用するそうです。

ワイヤレス
DSは高速ワイヤレス通信をサポートします。任天堂はこれに関して明らかにしていませんが、既に日本で発売されているGBA向けのワイヤレスに良く似た技術が採用されます。

価格
最低1つ以上のソースは任天堂が日本でDSを129ドルで売ると明らかにしました。米国や欧州での話はありません。

グラフィックス
IGNはDSがN64のような3Dをサポートするという話と、GBAのようにスプライトベースの2Dがメインになるという2つの情報を得ました。どちらも信じるに足るソースです。

カートリッジ
DSのカートリッジはMatrix Semiconductorのメモリー技術を採用します。この技術ではより速く安くカートリッジを製造できるでしょう。現在カートリッジを製造する際のコストは6〜10ドルです(記録用RAMを含む)。

開発機材
1月にDSが発表された際、米国の開発者はユーザーと同様に驚きました。今週、彼らの幾つかは「開発機材の提供は進行中である」と伝えました。日本の開発者達は昨年からDS向けの開発を進めています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

    「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

  2. 『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」Season2 Day10レポート!熱戦11試合、その結果は

    『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」Season2 Day10レポート!熱戦11試合、その結果は

  3. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  8. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  9. 『スマブラSP』「タチウオパーキング」ではジャッジくんが判定してくれる!時にはフェス仕様にも変化

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る