人生にゲームをプラスするメディア

NPD調べ2003年米国ソフトウェア売上―任天堂は4/10

ゲームビジネス その他

NPD Funworldは2003年のコンソールとPC別の年間ゲームソフト売上トップ10を発表しました。

発表によれば、昨年のゲーム市場は100億ドルで2002年の103億ドルに比べて0.3%ダウンとなりました。家庭用機では前年比で25%のダウンでしたが、携帯ゲーム機では54%のアップの7.5億ドルと大幅アップとなりました。周辺機器では11%のダウンとなりました。

NPDのアナリストのRichard Ow氏は「売上の大多数はソフトによるもので、2004年も多くの期待のソフトがあるので業界の好調さは続くでしょう。しかしながら、現在のプラットホームのライフサイクルに連動したハードとソフトの価格の低下が売上高を圧迫する2003年の傾向は今後も続くと思われます」と話しています。

ソフト売上の1位は『マッデンNFL2004(PS2)』で2位・3位は『ポケモンルビーサファイア』、4位は『ニード・フォー・スピード(PS2)』、5位が『風のタクト』、6位は『GTA VICE CITY』、7位は『マリオカート』、以下『トニーホーク アンダーグラウンド』、『エンター・ザ・マトリックス』、『メダルオブオナー ライジングサン』でした。

PCでは1・2・3・5・6・7・10位を全てEAが占めるという圧倒的な結果に。『シムズ』の拡張キットや『シムシティ4』などがランクインしています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

    【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  3. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  4. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  5. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. 『スペースチャンネル5』のVR体験再び! 10月29日・30日にau SHINJUKUへ急げ

  8. 【CEDEC2012】『Child of Eden』『ルミネス エレクトロニックシンフォニー』から見る音とビジュアルの関係

  9. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る