人生にゲームをプラスするメディア

NPD調べ2003年米国ソフトウェア売上―任天堂は4/10

ゲームビジネス その他

NPD Funworldは2003年のコンソールとPC別の年間ゲームソフト売上トップ10を発表しました。

発表によれば、昨年のゲーム市場は100億ドルで2002年の103億ドルに比べて0.3%ダウンとなりました。家庭用機では前年比で25%のダウンでしたが、携帯ゲーム機では54%のアップの7.5億ドルと大幅アップとなりました。周辺機器では11%のダウンとなりました。

NPDのアナリストのRichard Ow氏は「売上の大多数はソフトによるもので、2004年も多くの期待のソフトがあるので業界の好調さは続くでしょう。しかしながら、現在のプラットホームのライフサイクルに連動したハードとソフトの価格の低下が売上高を圧迫する2003年の傾向は今後も続くと思われます」と話しています。

ソフト売上の1位は『マッデンNFL2004(PS2)』で2位・3位は『ポケモンルビーサファイア』、4位は『ニード・フォー・スピード(PS2)』、5位が『風のタクト』、6位は『GTA VICE CITY』、7位は『マリオカート』、以下『トニーホーク アンダーグラウンド』、『エンター・ザ・マトリックス』、『メダルオブオナー ライジングサン』でした。

PCでは1・2・3・5・6・7・10位を全てEAが占めるという圧倒的な結果に。『シムズ』の拡張キットや『シムシティ4』などがランクインしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 【週刊マリオグッズコレクション】第33回 昔懐かしの、マリオの消しゴム人形

    【週刊マリオグッズコレクション】第33回 昔懐かしの、マリオの消しゴム人形

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  7. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  8. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  9. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る