人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、643万本で2003年・年間売り上げ第1位

任天堂 GC

日本工業新聞によれば、エンターブレイン調べの2003年国内売上で任天堂が643万本で第1位となったようです。2位はコナミで3位はバンダイです。ソフト市場は3085億円、同1.4%増だった判明、ハード市場は1280億円で、前年同期比24.1%減となりました。

また、メディアワークス マーケティング室調べの2003年4月〜12月の売上ではこちらも任天堂が第1位で533万本となっています。シェアは18.2%です。またポケモンは別集計で第8位で155万本・5.3%でした。

更に、メディアクリエイト総研の2003年4月〜12月の売上でも任天堂は第1位で546万本でシェア17%を確保しています。ポケモンは157万本で4.9%となっています。

ソフト別の売上では第1位は『ファイナルファンタジーX-2』で194万本、2位は年を越えて売れた『ポケットモンスター ルビー・サファイア』で170万本でした(エンターブレイン調べ)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

    『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  3. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  4. 『シノビリフレ』ゲームシステムの詳細が公開―“ファビュラスリフレ”とは一体…

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スーパーボンバーマン R』にゴエモン、アヌビス、藤崎詩織らが参戦!? ストーリーや新モードも追加

  7. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  9. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  10. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

アクセスランキングをもっと見る