人生にゲームをプラスするメディア

マーベルがゲーム事業を強化?新マネージャーを指名

ゲームビジネス その他

「スパイダーマン」や「バットマン」など多数のライセンスを抱えるマーベル・エンタープライゼスはゲーム開発部門のマネージャーにワーナーブロスやDCコミックで長年ライセンス事業に携わったAmes Kirshen氏を迎えると発表しました。同氏はマーベルでもライセンス事業を指揮するとのこと。

「数十億ドルにも上るゲーム産業はマーベルの重要な収入源であり、同時にマーベルのブランドを強化する為の主要な乗り物です。私たちはAmesがこの部門において、より効果的で収入の得られるライセンスの形を作り、開発者がより質の高いゲームとして遊べる物を作り、そしてマーベルのブランドを強化する事を期待します」とパブリッシング担当副社長のGui Karyo氏は話しています。

現在マーベルは、アクティビジョン、ビベンディ・ユニバーサル・ゲームス、THQ、Encoreなど多数のパブリッシャーにライセンスを供与しています。そして『スパイダーマン2』・『ザ・パニッシャー』・『ハルク2』・『ファンタスティック・フォー』などが発売予定です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

    「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  6. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  7. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  8. スクウェア・エニックス、本社を新宿イーストサイドスクエアに移転

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

アクセスランキングをもっと見る