人生にゲームをプラスするメディア

マーベルがゲーム事業を強化?新マネージャーを指名

ゲームビジネス その他

「スパイダーマン」や「バットマン」など多数のライセンスを抱えるマーベル・エンタープライゼスはゲーム開発部門のマネージャーにワーナーブロスやDCコミックで長年ライセンス事業に携わったAmes Kirshen氏を迎えると発表しました。同氏はマーベルでもライセンス事業を指揮するとのこと。

「数十億ドルにも上るゲーム産業はマーベルの重要な収入源であり、同時にマーベルのブランドを強化する為の主要な乗り物です。私たちはAmesがこの部門において、より効果的で収入の得られるライセンスの形を作り、開発者がより質の高いゲームとして遊べる物を作り、そしてマーベルのブランドを強化する事を期待します」とパブリッシング担当副社長のGui Karyo氏は話しています。

現在マーベルは、アクティビジョン、ビベンディ・ユニバーサル・ゲームス、THQ、Encoreなど多数のパブリッシャーにライセンスを供与しています。そして『スパイダーマン2』・『ザ・パニッシャー』・『ハルク2』・『ファンタスティック・フォー』などが発売予定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  2. 各ゲームサイトが選んだGame of the Yearを一挙紹介

    各ゲームサイトが選んだGame of the Yearを一挙紹介

  3. 上海アクセスブライトに聞く、中国スマホゲーム市場と中国展開の秘訣・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第30回

    上海アクセスブライトに聞く、中国スマホゲーム市場と中国展開の秘訣・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第30回

  4. ゲームの新たなエンターテイメントを 史上初「賞金付きゲーム競技リーグ」を送り出すワンダーリーグを直撃

  5. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 4つの会社の叡智が結集した『ガンダムキングダム』 Autodesk Mayaの「MEL」を用いてDCCツールを開発効率向上にフル活用

  7. いよいよオープン化されるアメーバとサイバーエージェントのスマートフォン全体戦略

  8. 今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

  9. 『マインクラフト』生みの親ノッチの声明全文 ― MS買収のMojangを去る理由とは

  10. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

アクセスランキングをもっと見る