人生にゲームをプラスするメディア

「ファミコンミニ」と「GBASPファミコンカラー」2月14日発売決定

任天堂 GC

ファミコン20周年という事で様々な企画が行われていますが、任天堂は2月14日にファミコンゲームをGBAで復刻する「ファミコンミニ」シリーズを10タイトル発売すると発表しました。また同日には「ゲームボーイアドバンスSP "ファミコンカラー"」も発売されます。

「ファミコンミニ」は任天堂とサードの5タイトルずつが発売予定です。価格は各2000円で全て任天堂発売となるそうです。GBAのパッケージと同サイズのクリア素材の中に小さいサイズで当時のパッケージを模した物が入ります。「ORIGIN OF OUR TV GAMES」というロゴも入ってます。ラインナップは以下の通りです。

・「スーパーマリオブラザーズ」 (任天堂株式会社)
・「ドンキーコング」(任天堂株式会社)
・「アイスクライマー」(任天堂株式会社)
・「エキサイトバイク」(任天堂株式会社)
・「ゼルダの伝説1」(任天堂株式会社)
・「パックマン」(株式会社ナムコ)
・「ゼビウス」(株式会社ナムコ)
・「マッピー」(株式会社ナムコ)
・「ボンバーマン」(株式会社ハドソン)
・「スターソルジャー」(株式会社ハドソン)

『アイスクライマー』などは通信対戦も出来るそうですが、通信ケーブルを使う事になるのかなどは未定とのこと。もしかしたら無線アダプタにも対応しているかもしれません。

「ゲームボーイアドバンスSP "ファミコンカラー"」はキャンペーンでプレゼントされた物とは異なるカラーで登場。価格は12500円で通常版と同じで、一般発売されます。

ちなみにナンバリングがされているのでコレクターズアイテムにもなりそうです。今後移植タイトルなどは予定されていないそうです。ファミコン時代の名作は未だ沢山あるので期待したいところですが。







昨日から東京都写真美術館とパナソニックセンターにて「ファミコンミニ」とゲームボーイアドバンスSP "ファミコンカラー"」の展示を行っているそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

    【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

  2. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

    スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  3. 【TGS2017】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ!モーション操作が全くの別ゲーに進化させていた

    【TGS2017】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ!モーション操作が全くの別ゲーに進化させていた

  4. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  6. 一釣りいこうぜ!『モンハン ダブルクロス』コラボバスルアー発売決定―バルファルクやリオレウスなど3種

  7. 3DS向けVC『ポケットモンスター 金・銀』は、ポケモンの通信交換や対戦機能も搭載

  8. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  9. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る