人生にゲームをプラスするメディア

海外メディアも気になる「ライジングサン」の日本での評判

エレクトロニック・アーツは12月4日にゲームキューブとプレイステーション2で『メダルオブオナー ライジングサン』を発売します。米GameSpotはこのゲームが前作の好評を受けて日本の各メディアでも適切なスペースを取って紹介されている一方、内容については両論ある事を伝えています。

任天堂 GC
エレクトロニック・アーツは12月4日にゲームキューブとプレイステーション2で『メダルオブオナー ライジングサン』を発売します。米GameSpotはこのゲームが前作の好評を受けて日本の各メディアでも適切なスペースを取って紹介されている一方、内容については両論ある事を伝えています。

記事では提携していた(している?)ソフトバンクの雑誌のレビュー記事を引用して、レビュアーは米軍が日本軍と戦う事を描いたゲームである事に違和感は感じていないようだ、としています。

しかしこのレビュアーが日本の幾らかのゲーマーとの話したところ、これを「ただのゲーム」と見る向きは僅かで、大多数はゲームではあるが、日本を倒すゲームは不快だ、と取っていると記事では紹介されています。

またあるゲーマーは「例えゲームだとしても、殺すのは私たちの親や親類です。そんなものが愉快な筈がない」と話したそうです。更に他のゲーマーは「これは外国の兵士になって自分達の国の兵士を殺すゲームです。これを"ただのゲームだ"と受け入れるのは日本人くらいのもの」と話したそうです。

記事では、日本の雑誌がゲームの紹介はシステムなどが主で、歴史については触れていないとも指摘しています。

発売は12月4日です。このゲームに、どんな評価が下されるのでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  10. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

アクセスランキングをもっと見る