人生にゲームをプラスするメディア

【任天堂資料庫】第2回 任天堂海外関連会社の変わり―一年間

任天堂 その他

2003年版の海外進出企業総覧が出ましたので2002年度版と比較してみることにします。以下のリストは関連会社一覧です。()で囲まれたものは2003年には姿を消したもの、*は新しく2003年に姿を見せた会社です。








・任天堂溥天
・Nintendo of Europe
・Nintendo Benelux
・Nintendo Freance
・Nintendo Espana
・Nintendo of Canada
・Silicon Knights
・A/N Software
・HFI
・Ikuni
・Midway/Nintendo
・NES Marchandising
・NHR
・Nintendo Services USA
・Nintendo Software Technology Corp
・Nintendo Technology Development
・Nintendo of America
・Rare Acquisition
・Retro Studios
・SiRAS.com
・Nintendo Audtralia
*iQue
*神遊科技有限公司
(Nintendo Services)
(Rare)
(Rareware)
(Rare Toys & Games)
(Left Feild Productions)
(Nintendo Software Canada)



とこのようになっています。減ったのは5社、増えたのが1社(実際にはiQueは本には載ってませんでした・・・)。減ったのはまずレア関連の3社、放出したレフとフィールド、それから英国のNintendo
Service、カナダのNintendo Software
Canadaの合計6社です。レア関係では資金を出資していたAcqusitionのみが残っていますが、清算が済めばこれも来年には消えるでしょう。Nintendo
Servicesは英国の会社で米国にもUSAと付いた似た会社がありますが、事業内容は異なり、英国の方は不動産の管理が主な事業でした。恐らくレア関連を扱っていたのでしょう。という事でこちらも清算されています。Nintendo
Software Canadaはソフトウェアの開発と業務内容には書かれていましたが、実際に何をやっていたのかは不明。

海外関連会社の代表者の変更ですが、日米で体制が変わった関係で幾つか変更になっています。順番に書くと、台湾の任天堂溥天は杉本健一氏が新たに社長に、Nintendo
of Canada、HFI、NES Marchandising、NHRはNOAの君島達巳社長が兼任。Retro
StudiosはNCLの岩田聡社長が兼任と変わりました。Nintendo
Australiaは宰望旨という方が新たに代表となっています(凄い名前)。欧州関連は全て柴田聡氏が指揮する体制は変わりません。

海外への投融資残高は441.19億円と前年に比べて+10億円、従業員の海外派遣は29名となっています。


参考文献


・海外進出企業総覧(東洋経済データバンク)
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 3DS『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』では「ネクロズマ」の秘密に迫る物語を展開! 3DS向け『ポケモン 金・銀』の新情報も

    3DS『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』では「ネクロズマ」の秘密に迫る物語を展開! 3DS向け『ポケモン 金・銀』の新情報も

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

    【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

  3. 自然な質感がオシャレなニンテンドースイッチ用木製カバーが海外で発売!

    自然な質感がオシャレなニンテンドースイッチ用木製カバーが海外で発売!

  4. 『スプラトゥーン2』チャージの速さが魅力的な新ブキ「スクイックリンα」が登場! 8月19日午前11時より

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  6. 海外『スプラトゥーン2』次回フェスのお題は「空を飛びたい?」「透明人間になりたい?」

  7. 【3DS DL販売ランキング】『ドラクエ』シリーズがTOP3を独占、『スナックワールド トレジャラーズ』6位浮上(8/17)

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る