人生にゲームをプラスするメディア

任天堂カナダがカンファレンスを開催

任天堂 GC

任天堂カナダはトロントのリバティー・グランドにてプレスカンファレンスを開催しました。カンファレンスにはファクター5で『ローグ』のプロデューサーを務めるBrett Tosti氏やシリコンナイツのDenis Dyack社長らも出席していたそうです。Nintendojoにリポートが掲載されていますのでそれを紹介します。

Nintendojoのレポーターは最初にBrett Tosti氏に会ったそうです。氏は「値下げ以来ゲームキューブの売り上げが加速していると」言ったそうです。更にレポーターが次世代機に必要な事はと尋ねると「多くの開発者を得ること。たくさんの種類のゲームを集めるために、出来るだけ早く機材を渡すべきだ」と話したそうです。また「任天堂はサードパーティに冷たいというのは誤解で、任天堂は良いゲームを持っていれば積極的にサポートする」と話したとのことです。

次いでシアタールームに移ってカンファレンスが開始されました。まずWWEBの悪役のBilly Gunが登場して任天堂カナダのRon Bertram氏を出席者に紹介しました。Bertram氏は「このような演出が任天堂が変わった事を示します」と話しました。また、年末に1000万ドルを使ったプロモーションを行うことも明らかにしました。

シリコンナイツのDenis Dyack社長はゲストスピーカーとして登場して、『メタルギアソリッド ザ・ツイン・スネークス』の短いフィルムを紹介しました。最近激やせの社長にレポーターもびっくりしたそうです。VRミッションが登場しないことについては、これを沢山入れようとすると発売を延ばさないといけいない、とその理由を説明したそうです。

Denis氏はゲームキューブなのか次世代機なのかは言えないとしながらも、研究中のゲームがある事を明らかにしたそうです。氏は「『メタルギア』や宮本氏と一緒に仕事をして多くのことを学んだ、次のタイトルはキラーなものになる」と話したそうです。

最後にフロアで『マリオカートダブルダッシュ!!』などのタイトルを遊ぶ機会があったそうですが、一番のオススメはユービーアイソフトの『プリンスオブペルシャ』だったそうです。

ちなみに任天堂からはカナダでも値下げ後売り上げは好調で、先週は25000台の売り上げを記録してソニーからマーケットを奪え返した、という話があったそうです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  10. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

アクセスランキングをもっと見る