人生にゲームをプラスするメディア

【海外ゲームにインフォーカス】第13回 True Crime: Streets of L.A.

任天堂 その他

PlanetGameCubeに掲載された『GTA』タイプのゲーム『True Crime: Streets of L.A.』のインプレッションより。

主人公は警察のエリートチームに所属するNick Kang。ロシアンシンジケートとチャイニーズシンジケートが闊歩するロスの街で展開されるストーリー。ゲームは『グランド・セフト・オート』のような自由度の高いゲームです。特徴は画面に表示されるカーマ・メーターで、これは主人公の行動によって変化し、「良いポリス」か「悪いポリス」という事を示します。

ガンプレイ、ドライビング、生身の格闘がうまくブレンドされた作品。多くの場合、これらを組み合わせて状況に対応していく必要がある。コンバットトレーニングも可能で技を磨ける。マトリックスのようなピストルのエフェクトもあり。操作も至ってシンプル。

『GTA』と同じくマップは広大な街、そこをドライブしているとアラートが鳴って犯罪が発生したことを知らせてくれる。プレイヤーはどうやってその状況を打開するか考える事を要求される。犯罪者を問答無用で撃ってもいいし、周りの全員皆殺しでもオッケー。

面白いのはプレイヤーがミッションに失敗してもゲームオーバーにはならず、違う状況でゲームが進んでいく事です。各ミッションは3つの結果が用意されていて、どれになっても違うストーリーが続くのです。だから全部見たい気にさせてくれます。

『True Crime: Streets of L.A.』はゲームキューブになかったタイプのゲームです。恐らく『GTA』のようなゲームがキューブでも成功することをロックスターに見せ付けるでしょう。しかし『True Crime: Streets of L.A.』が発売されれば誰が『GTA』なんか気にする事があるでしょうか?
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

    【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  4. 【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

  5. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  6. 『モンハン ストーリーズ』クシャルダオラやラージャンがオトモンに! キャラメイクの更に幅広く─無料アップデートを今夏配信

  7. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  8. 海外レビューハイスコア『スプラトゥーン2』

  9. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  10. 『ロストスフィア』10月12日発売決定! スイッチ/PS4版の特典情報も

アクセスランキングをもっと見る