人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がバンダイの株取得について追加情報

ゲームビジネス その他

昨日から話になっている任天堂がバンダイの株式を2.7%程度取得した問題ですが、17日付の日経新聞朝刊によればこれは機関投資家からの受け皿要請を受けた形のものだそうです。

現預金で7000億円以上を持っている任天堂は持ち合い解消を進めたい金融機関から株の買い取り要請が相次いでいるそうです。

任天堂の広報室はこの件について「事業的結び付きを強めるなどの目的はない」とコメントしているそうです。

バンダイの上位株主(単位1000株)

1 日本トラスティ・サービス信託 9502
2 三菱信託 6958
3 UFJ信託 5154
4 資産管理サービス信託 5142
5 (有)サンカ 5108
6 三井アセット信託 4216
7 ユービーオーシーネザーランズ 4120
8 三井住友銀行 3556
9 UFJ銀行 3456
10 任天堂 2560
11 ガバメントオブシンガポールインベストコーポレーションリミテッド 1838

(日経会社年鑑2003より作成。但し機関投資家から購入と言うことで一部変動があると思われる)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. 【CEDEC 2011】イスラム世界とゲーム、課題と対策法は

  6. 【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

  7. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  8. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

  9. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  10. 故・岩田聡氏を悼む『マリオカート8』ファンイベント、「セガ社員が踊る謎動画」ニコニコに投稿される、ブキすぎる掃除機をコトブキヤが武器化中、など…昨日のまとめ(7/14)

アクセスランキングをもっと見る