人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、バンダイ双方が買収を否定

ゲームビジネス その他

ファミ通によれば任天堂、バンダイは週刊現代が報じた買収計画を否定したそうです。

報道によれば任天堂は9月末の時点でバンダイの発行済み株式の2.6%(128万株)を取得しているとありましたが、これについては否定せず「2.7パーセント弱のバンダイ株を取得したのは事実だが、報道にあるような、バンダイ買収を進めている事実はない」とコメントしています。更にバンダイ側も「そのような事実はありません」と話しています。

バンダイはその後1株を2株に分割していますので、現在は256万株を任天堂が所有している計算になります。バンダイの発行済み株式は全部で1億株弱で時価総額は2800億円弱。9月末時点では時価総額は2500億円・・・よって任天堂が取得に要した費用は65〜70億円とプレミアを考えなければそうなります。

とりあえず否定のコメントが出ましたが、今後の動向を見ていきたいと思います。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. 【CEDEC 2011】イスラム世界とゲーム、課題と対策法は

  6. 【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

  7. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  8. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  9. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

  10. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

アクセスランキングをもっと見る